株とゲームで生きてく

40代からでも遅くない!財務が苦手な文系Fランのサラリーマンが、できるだけシンプルな方法でアーリーリタイアを目指します。 米国株配当を3%を目指しつつ、ITをメインに投資する社内SEお父さん。 米国株資産だけで1000万円を運用しています。

最近の更新内容

こんにちわ。 タイトル通りの2021年1月の上旬までの配当報告となります。というわけで、早速内容を確認していきましょう。 目次 2021年1月配当金結果 前回からの推移について まとめ 2021年1月配当金結果1月1日~1月15日に至るまで、以下各社より配当金を頂戴しました。 ...

こんにちわ。 タイトルの通り、おめでたいことに新年初のダブルバガーを達成できましたので、ご報告です。それではごゆるりとお楽しみください。 目次 ビリビリでダブルバガー達成 まとめ ビリビリでダブルバガー達成皆さん、ビリビリはご存じでしょうか。ちなみに ...

こんにちわ。 久しぶりにエクソン・モービルやワンオークの願望記事を、書くことにしました。グロース、クリーンエネルギーが忙しい今日この頃、忘れ去られたエネルギー銘柄の今、を再確認しておきたいと思います。 目次 カップウィズハンドル形成 まとめ カップウ ...

こんにちわ。ユニティというゲーム制作プラットフォームのサブスクリプションサービスの製造、提供している企業の紹介記事になります。100ドル前後の辺りで一度は売却してしまったのですが、株価も乱高下は続くものの期待値以上の株価をキープしており、なんとも後ろ髪を引か ...

こんにちわ。 さて、1月も4週目、5週目は決算ラッシュとなり、非常に慌ただしくなることが予想されます。とにかく本番は1月末~2月上旬ですので、まずは来週の決算企業をピックアップしておきましたので、簡単にお目通しして頂ければと思います。特に5週目はGAFAMの決算が入 ...

こんにちわ。 年末に断捨離してまとまった現金が調達できたので、間髪入れずにまた少しだけ購入に動くこととしました。 さらに、今回さらに新規銘柄を購入し、保有銘柄は41個めとなりました。いやー、さすがに持ちすぎな気もしますが、今年はとにかく初動を大事に動くことに ...

こんにちわ。 2020年大ブレイクしたARKインベストのファンド御三家の1つ、ARKKというETFの紹介記事です。同ブログでは、ARKWを中心に買い増しておりますが、同等のパフォーマンスを得るETFということで、念のため調べてみることとしました。 目次 ARK Innovation ETF 構成銘 ...

こんにちわ。 先日の1月資産振り返り記事で軽く触れた通り、停滞の続くエヌビディアを売却することとしました。 私が手放した、ということは今後エヌビディアが上昇するフラグなのかもしれません。というわで、報告ベースの記事となりますが、ごゆるりとご参照くださいませ。 ...

こんにちわ。 12月末には2020年度の年間配当記事を記載したばかりですが、今回新年初の1月分資産棚卸を実施していきます。 上記の記事で記載した通り、昨年末より少しずつ投資スタイルを変化させており、今年一発目の振り返りとしてポートフォリオ状況を再確認します。 目次 ...

こんにちわ。半導体大手企業の1つタイワン・セミコンダクター・マニュファクチャリング(台湾積体電路製造)という企業の紹介記事です。保有し始めてからわずか半年ほどの間ですが、半導体セクターの中でもクアルコムと並び上昇を続ける銘柄となってくれました。株価は115ドル ...

こんにちわ。 今回はグローバルX社のLITという、ETFの紹介記事となります。バイデン政権下によりクリーンエネルギー政策が注目される中、ICLN、QCLNと並び高い注目を浴びているエネルギー系ETFというポジションの商品です。 目次 クリーンエネルギー系の投資について グロー ...

こんにちわ。 我が家の二人息子(6歳と2歳)は、いずれもジュニアNISA口座を開設しており、本人の物心がつく前から、既に配当生活を始めております。現時点では、私の個人的な思惑のみで当時の時流に合った銘柄を買い増しており、育児手当、補助金、お年玉といった暫定的なイン ...

こんにちわ。セルシウス・ホールディングスという飲料の製造、販売をしている企業の紹介記事になります。次の【MNST】モンスター・ビバレッジとも言われており、PERは661倍を超え株価は急上昇を続けていることから、少額ですが投資してみることにしてみましたので、詳細をお ...

こんにちわ。 早いもので1月4日、年始も早々の出勤日となってしまいました。いやー、どう考えても今年の年末年始は、短すぎますよね。まだ正月ボケの治らない管理人ですが、2021年の目標などをいろいろと考えてみた、という記事となります。というわで、ごゆっくりお楽しみく ...

↑このページのトップヘ