こんにちわ。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


当ブログでは毎月15日時点の総資産の棚卸を実施し、振り返り内容を記事にしています。


5月の決算シーズンを乗り越えたかと思えば、またもや米国10年債利回りは1.5%を下回り始め、グロースが急速に息を吹き返す展開になってきました。


折角、先月にセクター分散しなおしたばっかりなのになぁ、、、と思いつつも、しっかりこの1か月の成果を振り返っておきたいと思います。


という訳で、ぜひ最後まで内容をお楽しみくださいませ。






2021年6月時点の資産状況


まずは、ここ1か月の市場のパフォーマンスをヒートマップで振り返ってみたいと思います。


sp1m


見ての通り、この1か月ではGAFAMを筆頭にテクノロジー株が戻ってきましたね。


とはいえ4月以降もずっと堅調なGoogle、FBを除いては4月の下落相場の落ち込みからようやく脱出して元の株価に戻ってきた、という状況かと思います。


依然として強気なセクターとなっているのが、原油株でした。


WTI原油先物は70ドル超をキープし、【OXY】オクシデンタル・ペトロリアムは+16.34%【MRO】マラソンオイルは+17.29%と2桁増の銘柄も多かったのが印象的でした。


【XOM】エクソンモービルも+5.86%【OKE】ワンオークは+3.0%と我が保有銘柄も、引き続き含み益を伸ばしてくれました。


ちょっと最近、パイプライン企業が注目され始めている気がしており買いづらくなっているので、一度調整を挟んで下落してくれないかな、なんて感じています。



同様に半導体も一部持ち直してきましたね。


超絶決算を発表した【NVDA】エヌビディアは+24.89%、順当な内容だった【AVGO】ブロードコムは6.59%と、4月時点での下落幅を上回る上昇を見せており、じわじわとセクター全体の株価の回復も見えてきたという印象です。


なんだかんだでTSMもサポートラインとなる120ドルまで戻していますし、ここが踏ん張りどころかなという気がしますね。


そしてあまり話題にならないですが不動産、REITも強かったですね。

rwr-chart

REITのETFであるRWRも、直近のETF群の中ではかなり上位に君臨する高パフォーマンスを維持。


おかげで、【IRM】アイアンマウンテンちゃんが生き生きしているようで、何より。





その反面、リア充銘柄の一角として捉えられていたアパレル関連、久しく堅調だった製造、工業そして金融系の一部で、目に見える形で失速し始めました。


ずっと狙っていたTJXですが、ギリギリのところで踏みとどまって正解だったのかも知れません。


個人的に【LEVI】リーバイスは好きなので、現在の株価に捕らわれずに長期で保有してみたいなと考えています。


先月組み入れた銘柄の個別パフォーマンスは後ほど確認するとして、全体的な相場観でいえばテクノロジーが復権を果たしつつあることで、セクターウェイトの多い自身のポートフォリオにとっては優位に働いてくれた月だったかなと思います。


という訳で、資産の推移状況を確認していきたいと思います。


まずは資産総額の推移です。


sisan6


前月比からの単純計算で+101.72%となる25万円増、といった結果となりました。


2021年度で4月~5月の間は下落相場で最もパフォーマンスの低い月となりましたが、なんとか上回ることができたものの、決して良い数字とは言えないかなと個人的には考えています。


しかし、この調子でいけば来月の7月には米国資産のみで資産額1500万円を超えることが出来そう、という新たな希望につながる結果でした。


で、肝心の含み益状況はどうだったかというと、


fuku6


こちらは逆に20万円ほどの減少、となっています。


当然ながら先月、大量の損切りを実施して新規銘柄を組み入れたので一時的な含み益が大幅にリフレッシュされた形です。






逆に言えば、先月組み入れた銘柄の中で購入直後に爆謄した銘柄は1つもなかった、ということになります。(笑)


つまるところ自身のパフォーマンスは、たいして変わっていないけど市場が回復してくれたことの寄って勝手に資産が増えてくれた、ということになります。


ま、そんなもんですよね。アハハ。


中でも今月総資産額が微増となっている原因は大きく2つあり、


  • 1ドルが110円台に復活したこと(前月算出時は109ドル)

  • マイクロソフト、VTIといった主力が頑張ってくれた

という結果でした。


それでは次項で、当月頑張ってくれた銘柄の株価状況を改めてチェックしていきたいと思います。





PFベストパフォーマンス トップ5


いつもの資産状況報告では、当月のベストパフォーマンス銘柄を報告していましたが、前月比パフォーマンスを超える銘柄が非常に少なかったです。



【MSFT】マイクロソフト
msft-chart


前述の通りですが、4月に付けた新高値である260ドルの株価に戻って来てくれています。


もちろん、テクノロジーが緩やかな上昇傾向にある中、さらに超えてくれるとなお嬉しいですね。


最後に買ったのは230ドル付近でしたが、まだ買い増しても良いのかも知れませんね。



【PM】フィリップモリス
pm-chart


気が付いたら100ドル超えていましたね。


正直、配当マシーンとして保有しているこの銘柄の株価については、何も言うことがなくて困っています。


敢えて言えば、高値掴みが怖くて買い増しできなくなったということだけでしょうか。



【AVGO】ブロードコム
avgo-chart


こちらもマイクロソフト同様に、4月~5月における一時の下落から戻ってきているだけで、推移としてはヨコヨコの展開が続いています。


大きく売られる翌日には、しっかり買い戻しも入っていますしサポートラインは依然として機能しているため下落に関する恐怖心が少なくて良いのも魅力ですね。



【XOM】エクソンモービル
xom-chart


奇しくも先月予測していた通り、底が浅いカップウィズハンドルを形成し、60ドルに戻してから一気に跳ね上がりましたね。


さらに、63ドルをトップとしたカップウィズハンドル的なチャートも形成しているとも見られ、まだ石油銘柄が伸びるかもしれません。

これは【OKE】も同じですね。



若干、エネルギー銘柄の急騰ぶりにはちょっと違和感を感じており、このタイミングで買うのは少し怖いなという印象ですが、【OKE】ワンオークは何も気にせず65ドルまで買い増しを続けるというスタンスには変わりありません。



と、前月同様に含み益を伸ばせたのは、オールドエコノミー銘柄だけで実際のところ何もしなくても、資産が増えていたということですね。



さて、今回新たにポートフォリオに組み入れた新規銘柄の進捗についてですが、


セクターの値動きの通りシャーウィン・ウィリアムズがやや落ち着き、UPSは予想通り決算を過ぎて熱が冷めたので、売られ始めましたね。


ups-chart


個人的には、今がUPSの買い時だと考えており、VTIより優先して買い増していく予定です。



続く、少額購入で試している銘柄について軽く触れておくと、こんな感じでした。


【INFO】新高値を狙えそうだが、時間をかけ少し下げてからのカップウィズハンドルを作って欲しい。


【OTIS】地味だが新高値を狙えそう!


【PRU】何とかプラスを維持。


【TROW】何とかプラスを維持。


【TGT】増配嬉しい。取引は減ったが、まだ伸びる可能性あり。







まとめ


というわけで、5~6月の個別銘柄まとめに入りたいと思います。


ポートフォリオ銘柄のパフォーマンス評価は、下記の通りでした。


===========勝ち組銘柄===========

マイクロソフト +
フィリップモリス +
アッヴィ +
エクソンモービル +
ワンオーク +
スクウェア +
ブロードコム +

===========ニュートラル=========

ホームデポ
シャーウィン・ウィリアムズ
ダナハー

P&G
アルトリア
ペプシコ
ネクステラ・エナジー
チャーチドワイト
アップル
リーバイス
アッツブランズ
ニオ
TSM
ピンタレスト

===========負け組銘柄===========

ヒューレットパッカード
AT&T
UPS
イーハン
スキルズ
リコールシステムズ
SOXL
ARKW
ファイバー

===============================


という訳で、振り返りの結果としては以下の通りです。


  • Russell2000などの小型株が強かったが、GAFAMの復活はもう目前に控えており、無理に小型株のリスクを拾う必要はない

  • テクノロジー、半導体の反撃体制に変わりつつある

  • 一部のハイテクグロース株の値動きが戻りつつあるが、以前ほどの強さはないので積極投資は引き続き控える

  • 金融・製造・工業などの下落は一時的であり、買い増しのターンと考えられる

  • 徐々にバリュー株へのシフトは、正しい戦略だったと言えそう

  • ウォールストリートベット銘柄がさらに猛威を振るっており、EH、SKLZといった銘柄に再び日があたる可能性もあるので、歯を食いしばってホールドする


という訳で、まだしばらくは下記の投資スタイルを続けていくつもりです。




UPSとTGTを買い集めて行きます。



皆さんの参考になれば、幸いです。



それではまた。



ポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア





アンケートモニター登録

ついに受領ポイントは、14,000円を突破したよ。


【楽天経済圏】はじめての楽天ポイントによるスポット投資信託購入方法は、ここから。



ポイ活、楽天経済圏はタダで始める副業 or 資産形成の初めの一歩と思ってます。



【BTCで副業】BlockFilでBTCレンディングを始めよう。