こんにちわ、管理人のぺろりです。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


振り返り記事となりますが、8月内におけるウォッチ銘柄の株価推移を振り返って屋内用の記事となります。


なんでこんなことやるのか、と言いますと、自身が定期購入しているVTIとのパフォーマンスを比較して、3か月連続で下回るようであれば積極的な買い増しを控える、もしくはポートフォリオからの入れ替えを行うべき指標として、定期開催したいと考えているからです。


つまり、簡単に言えば足切り銘柄のチェックですね。


もちろん、最初からETFに遜色ないパフォーマンスを継続できそうな企業のみをピックアップして、ポートフォリオを組み込んでおけばよいだけの話なのですが、まぁそう簡単には行きませんよね。


加えて当ブログでは、売りタイミングもヘタクソであるという事実も判明しているため、自身の弱点克服のためにもETFとの比較によって下回るようであれば、グロース銘柄でもすぐに手放すといった損切りの判断材料に活用できればと、考えています。



もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

次の記事への励みとなりますので是非!








8月のベストパフォーム銘柄


まずはベースとなるVTIの8月内のパフォーマンスは、+6.48ドルでした。


ちなみにVTIは5月+1.27ドル、6月+4.95ドル、7月+3.87ドルと常に安定して上昇を継続しており、2021年に入ってマイナスを刻んだのは1月の-0.65ドルのみであり、2021年度だけの推移を見ると+37.77と恐ろしいパフォーマンスであることが判ります。


どう考えてもこの内容に、年間を通してアウトパフォームする個別銘柄というものはそうそうありませんが、まずは8月内の結果だけを見ていきたいと思います。


UPST +95.95
SE +62.16
IT +43.77
ZS +42.43
SWAV +32.21
CRWD +27.39
DHR +26.67
SQ +20.81
TROW +19.71
U +19.63
GRMN +17.23
INMD +17.21
MSFT +16.97
CELH +13.13
ACN +13.11
---------- SPY +13.05の壁 
----------
NICE +12.05
AVGO +11.81
ALLE +7.39
LH +7.23
EL +6.66
---------- VTI +6.48の壁 ----------


UPSTに関しては、8月に入ってからウォッチ銘柄に追加しており上旬の数字が抜けており実際にはもっと上の数字になっているはずです。


途中SPYの+13.05ドルの壁を入れていますが、この数字より上の銘柄を保有しているホルダーは8月もニコニコだったのではないでしょうか。


おめでとうございます!


hanabi_sky


それぞれの銘柄に、理由、思惑などもいろいろあることかと思います。


しかし、いったんそれらをすべて忘れたうえで、数字だけで判断することにします。


もちろん、上記以外の銘柄で8月だけたまたま、VTIなどの主要ETFのパフォーマンスを下回った銘柄もあるかと思いますが、その辺のホールド匙加減については個人の判断にお任せしたいと思います。


なお直近の3か月連続で、VTIをアウトパフォームしている銘柄は、以下の通りでした。

INMD
NICE
ZS
TROW
MSFT
EL



なおZSは7月、8月ともに同業他社のクラウドストライクを超えるパフォーマンスを継続しており、隠れ優良銘柄ですがあまり話題になることは少ないようですね。


もちろん、これらの銘柄が今後ガクッと下がってくることも予想されますので、数字だけでは判断が付かないということも確かである一方で、強い数字には理由もあるものですし自身のポートフォリオが伸び悩みしていると感じる際には、こういった指標を判断に入れ替え銘柄をピックアップするのも良いんじゃないかと思います。


全く自慢ではありませんが、当ブログでも大量の損切りからETFなどの強固な銘柄に持ち替えることでパフォーマンスを好転させることも可能なはずですので、数字だけでも参考になれば幸いだと思います。








まとめ

皆さんのポートフォリオにはVTI超のパフォーマンス銘柄が、いくつ含まれてたでしょうか?


当ブログでは、配当状況や引き続き各月のパフォーマンスを見定めてホールドすべき銘柄、ETFに持ち替える銘柄の選定要因として役立てて行きたいと考えています。



今後の9月は、相場が軟調相場が続くとの予想も強く、先日の雇用統計の結果が非常に悪かったことも加え、今後の個別銘柄の強弱はより一層強くなってくると予想されます。


今はやりのアップスタートに飛び乗りたい気持ちもあるものの、つい先日やらかしたFVRRの件のようにイナゴ投資家になることなく、落ち着いたタイミングを見据えて買いに臨めるよう、引き続きウォッチ銘柄を続けながら、皆様の高値掴みを避ける売買の一助になれれば良いなと思います。


という訳で短いですが8月の株価推移のおさらい記事は以上となります。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


皆さんの参考になれば、幸いです。


ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします。ぺこり。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア