こんにちわ。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


もう10月も2週目が終わりました。


まだ日中帯の日差しの強さが残るものの、徐々に涼しさを増してきた影響もありマイニングによる室内の影響が少なく、ヒーターとして安定した稼働を期待できるシーズンが始まろうとしています。


管理人はもとより、末端冷え性がひどく、真夏でも足先がキンキンに冷えているので、これからのシーズンは日中帯でもガンガン廻しておきながら、洗濯物の乾燥機、足先の保温にと幅広く活躍していってくれることを期待しています。


kaisya_desk_ashimoto_heater

在宅バンザイ!!


という訳で、当ブログのマイニングでは日中帯の稼働を極力使用せずに、料金の安い深夜電力のみを利用する形でゆる~いマイニングを継続しています。



btc-mining-img3


この記事は正直なところ、マイニングには興味があるけど実際どうなの、と考えている人やBTCレンディングって儲かるの?と導入を検討している向けの実録記事になっています。


ちなみに、売買については全くわかりませんので、ご了承ください!

tehepero10_businessman



それでは、ごゆっくりお楽しみください。


もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次の記事への励みとなりますので是非!







2021年9月度マイニング結果


さて今回も当月の稼働報告に入る前に、少しだけ現況を確認しておきますと、


やっと、BTCの価値が一時期の大暴落から復活のチャートに向かい始めたという吉報。


10月1週目時点では、1か月ぶりに550万ドルにタッチした!と思っていたら、


btc-cha



たった1週間で、50万ドルも増加してくれやがりました・・・・



bt-ch



うーん、この・・・・。


とはいえ5か月ぶりの高騰、で喜ぶべきなんでしょうけど、どこかでまた急落するんだろうな


という諦めも定着しており、素直に喜べない性格になってしまいました。



ちなみに1BTCあたり500万ドルを超えていると、深夜電力に次いで安い休日電力によるマイニング稼働でもプラス運用に転換できるので、この状況が続くようであれば稼働時間を延長するという判断も可能になってきます。


加えて季節による暑さが峠を越えたということもあり、エアコンを止めてでも安定稼働が維持できるので、今後のマイニング効率は上昇していくことが期待できる、という訳ですね。

thumbnail_money_kasoutsuuka

つまりは、マイニング日和という訳ですね。


という訳で、正直短期目線でのBTC価格の上下に関しては、全く無味乾燥状態でマイニングをしているものの、500万ドルを超えているタイミングでは稼働時間を延長し強気のマイニング時間を確保するようにシフトチェンジします。


今月の結果のほどを見て行きたいと思いますが、今月のマイニング量とコストから参りましょう。


min9



8月の獲得BTCは0.00141434BTCで、レート換算すると6683.45円という結果でした。


奇しくも、8月にマイニングした換算金額と同じという結果でした。


8月は安定して500万ドルを超えていたこともあり、エアコン含めて休日も稼働していたこともあり電力消費が最も激しい月となりましたが、9月は若干稼働的にも控えめだったことから安定的な稼働だったかと思います。


pm


8月より消費電力が落ちているのは、日中帯のエアコン稼働のみの差分ということですね。


市場が混乱していることもあり、BTCへ資金が流入したという噂だそうですが、確かに前回市場がクラッシュしたのも3月頃で、その当時は最大680万ドルの値を付ける沸騰振りでしたね。


現在600~620万ドルで揉み合いが続いているようですが、ここ最近はじわじわと市場が持ち直し始めた雰囲気があるようですので、今回に動くのはかなり危険な匂いがします。


引き続きBTCの売買に関しては、手を出さないこととして、価格の状況に応じてマイニング時間を調整して小銭を掘っていく方針に変わりありません。


btc-mining-img1





2021年9月度レンディング結果

続けてBlockFiによるレンディング結果をご報告してきますね。




当ブログでは獲得したBTCをBlockFiに預けて、各月のレンディング利息を得て資産を増やしていけるのか、を実証実験している訳ですが9月の結果は下記の通りとなりました。


len9


10月1日時点のBTC資産は791.96ドルで、当月の利息結果は2.84ドルでした。


先月の9月が2.04ドルでしたので、利息のレートは39.21%という驚異の伸び率!!


のように見えますが、まだまだ誤差の範囲ですね・・・。


継続して9か月、ようやく1ドル以上の単位で利息を貰えるようになったので、ようやく軌道に乗り出したところ、といった感じです。


そもそもの元本比率が少ないので利息が少ないのも、当然。


当然、別の暗号通貨取引所で購入したBTCを送金して、利息の獲得を増やせばいいという案もあるのですが、どこも取引所って送金コストが高いことがネックなんで実現が難しいんですよね。


正直なところ、自宅マイニング一本で利益が出せるほどの運用はかなり難しい訳ですが、ゲーミングPCを併用して利用するには小遣い稼ぎになってくれる・・・かもしれません。



btc-mining-img2





まとめ


今月もNiceHash本体のバージョンは、3.0.6.5が引き続きステーブルとなっており変わりありませんでした。


今月も、Nvidiaのバージョンアップはさして影響のある内容ではなかったのでアップデートは見送りとしています。


ただ、今月ようやくWindows11がリリースされたということもあり、自宅PCの移行状況を確認してみたところ、全台CPUが対応していないということで無償バージョンアップの恩恵は受けられないことが判明しました。

kabu_chart_man_cry


ということは、いずれ現在のPCも買い替えを検討しなければいけないということで、マイニング生活の残り余生も限られた年数での運用ということになりそうです。


悲しみ。



先のことはあまり考えていませんが、次世代PCでもグラボを積み替えてマイニングしよう、とは恐らく思わないはずですので、その際が来たらマイニングは引退ということになるかもしれません。


まぁ、WIndows10のOSサポートが終わったとしても、NHOSに乗り換えてUSBからのブートでマイニングを継続しても良いのでしょうけど、その前に既存グラボのマイニングサポートが完了となりそうですので、向こう1年くらいの出口戦略も考えておいたほうが良さそうですね。


ひとまずのことろ、これから冬シーズンにかけては連続運転時間が多くなりそうですので、どこまで採掘できるのかを楽しみにしていきたいと思います。



皆さんの参考になれば、幸いです。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。



ぜひポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア