こんにちわ、管理人のぺろりです。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


また少額なんですけど、売買報告の記事です。


と言っても余剰資金で買い出動したわけでなく、停滞銘柄を利確して乗り換えを実施したという報告です。


この相場観、誰しも二番底を危惧しているせいか、やはりなかなか積極的に動ける印象ではありませんよね。


kabu_chart_man_cry


かく言う私も状況は同じで、現金多め、安くなった銘柄を買いに行きたいものの3月の相場を思い出してみても、今全力を振りに行くのを躊躇している、という状況です。


であれば、現在停滞中の銘柄を一斉に手放してから、今が買い時と思える銘柄に乗り換えれば、多少は損失のダメージを軽減できるという想いで、今回実行に移してみました。


どうなるかは、今後の様子を見守っていきたいと思います。


もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

次の記事への励みとなりますので是非!








売却銘柄について


まぁ、そもそも今回のことの発端なのですが、先日AT&Tを全売却したはずだったのですが、




実は、NISA枠で購入していたのをすっかり、忘れていました・・・。



てなわけで



4株だけなんですけど、全く未練もないので、今度こそ全売却。

sell-t-4



「どうせ、NISA枠にもテコ入れしていくのであれば、眠っている銘柄も売ってしまおう!」


という訳で、以下2銘柄も利確。


【SBUX】スターバックス
sell-sbux-1


90ドルの頃に買ってから、すっかり忘れていたスターバックス。


115ドル以降の停滞も激しく、レストラン産業も伸び悩んでいることから手仕舞いすることにしました。


【LIT】グローバルX リチウムバッテリーETF
sell-lit-3


決して地合いは悪くないLITなのですが、85ドルの上値が重い上に長期で保有しても、インカムゲインの恩恵も低いため、このタイミングで利確することにしました。


ただし、リチウムに関しては今後も需要は伸びていくはずですので、【ALB】アルベマールなどの個別銘柄にシフトしていく可能性が高いです。


底値で狙っていたのは、この銘柄


今回の調整相場が来る前から、下落が続いている銘柄に関しては以下の記事の通り、常にチェックしていました。





もちろん、保有銘柄でもあるUPSの復活を期待したいのですが、まだ原油価格の高騰とサプライチェーン問題が尾を引くことであろうことを考えると、こちらはまだ様子見を継続。


という訳で、ずっと狙っていた良配当銘柄でもあるこちらを購入しました。


【GWW】WWグレインジャー
buy-gww-1


と言っても、高価なので先の売却益と併せて1株しか購入できませんけど・・・。



株価はチャートを見ての通り、非常にわかりやすい形となっています。

gww-ch


こちらも株価のピークは、加熱していた21年3月で480ドルにタッチする内容だったのですが、先の決算後にさらに下落を挟み2Q以前の決算時発表と同じ400ドルを割り込むタイミングで、ようやくサポートラインが発動、といった所です。


しかし、同社のQ3決算発表は10月29日を予定しており、直近の相場のゆるやかな持ち直しに便乗する形で10月に入ってから先行して強い買戻しの動きが出始めました。


10月1日 +5.19
10月4日 -1.02
10月5日 +5.00
10月6日 +7.07
10月7日 +6.94
10月8日 +1


なんと、10月に入って僅か6日間で+24.18ドルという成績を収めています。


ウォッチ銘柄の中でもダントツの1位、2位につけているAFRMは+22.06ドルですので2ドル以上の差をつけて圧倒的な買い入れの強さが目立ちます。


そのほか中国銘柄が戻ってきていることや、オラクル、ユニティが強くグロース銘柄の中でも、8~9月の株価の動きを異なる動きを見せつつある、という印象です。


中でも調整日と予測されていた8日(金)が篩にかけられた一日だったように感じており、当日プラスに終わっている銘柄か否かが、株価のモメンタムの強さ表す結果になるだろうと予測しています。


あくまで個人的な予測ですので、具体的な思惑なんぞは役に立たないので、説明は割愛しますが管理人が大きく勝負を委ねているマイクロソフトなど、もともと強さがある企業であり9月の調整相場によって不本意に株価を下げている銘柄、特に自信のある銘柄に関しては少しずつ打診買いを始めています。






一度は、下落タイミングで掴んだものの、結局10月に入り蓋を開けてみれば、マイクロソフトも+12.93ドルと非常に強い戻しを見せていますし、結果オーライだったように考えています。



同様に、WWグレインジャーは好景気に株価が上がりすぎてしまっていた反面、下落相場が6か月と長い期間続いてしまった部分が程よい調整期間となって、今月の決算発表で返り咲くシナリオが整っていることを踏まえ、購入することにしました。


個人的な予測に過ぎませんが440~450ドルまでの目標株価を期待しており、資金に余剰がある限り相場の状況を見ながら買い増して行きたいなと考えています。





まとめ

10月1日時点でのPFは、惨憺たる結果だったことが記憶に新しい訳ですが、




有難いことに先週のゆるやかな上昇相場が続いたおかげで、何とか元の資産額に近いところまで回復することが出来ました。


完全復帰というには、まだまだ程遠い印象ですが米国雇用統計の結果も良かったですし、デフォルト危機も回避できる見込みが強そうなことから、少しずつ回復に向かいつつあるんじゃないかとポジティブに捉えています。


9月の調整が長引いたおかげ?もあってか、今回同様に低パフォーマンスの銘柄の利確、損切りを大量に実施できたので、これからのクリスマス商戦が通年通りに戻ってくれれば、一気にパフォーマンスが改善されることを期待しています。


個人的には、相場が徐々に底をつき始めて反転し始める、その少しだけ前に買いに動くタイミングを狙っていきます。


しっかりこのタイミングを生かして年内目標、米国株総資産で1700万円・・・!


行けたらいいなぁ・・・・!


全ては、私の信じる高配当銘柄とマイクロソフトに掛かっていますが、今回購入したWWグレインジャーもこのまま好転するようであれば5株くらいは増やしていく予定です。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


皆さんの参考になれば、幸いです。


ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします。ぺこり。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア