こんにちわ。


週末ブロガーのぺろりです。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


やっと、2021年度の仕事納めとなりました。


読者の方でも、まだお仕事の方もいらっしゃるかもしれませんが、ひとまずはお疲れさまでした。


これで多少は、ブログのネタを書き溜めておくことが出来そうです。


さて、本日はですね。


いよいよ待ちに待ったNISA2022年度が解禁されましたので、資金をつぎ込んだ結果をご報告していきたいと思います。

money_title_nisa



それでは、最後までお付き合い頂けますと幸いです。


よろしければ、こちらのボタンを押してくれると喜びますので、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


ちなみに、「バナーのクリックで変なサイトに誘導されるんじゃ・・・」なんてことはありませんのでご安心ください


一般閲覧者に多くバナーをクリックしてもらえるほど、サイトの評価が高まる仕組みとなっています。


次の記事への励みとなりますので是非、ぽちっとお願いいたします!








今月の買い増し銘柄


という訳で、12/28の夜の米国市場からNISA枠が解禁されました。


既にご存じの方も多いかと思いますが、国内の銘柄や投資信託だと12/24時点で解禁されていたんですよね。


米国株も同じ日で買えればどんなに良かったことか・・・と。


だって実はちょっとばかり、我慢できずにフライング気味に購入してしまいましたし、お寿司。




ただ、結局のところ早く購入した分、含み益は伸びていたので結果オーライでした。


言ってみれば、このNISA解禁こそがその年の最後の大型買い増し出動であり、投資収めみたいなものだと考えています。


だってこの枠で、来年度の配当が非課税で受領できるわけですからね。


このNISA枠の使い方こそが、2022年度のパフォーマンスを大きく左右する一手だと考えていますので、くれぐれもと途中放棄することのない慎重な銘柄選択で臨んでいきたいものです。


皆さんボーナス資金、年末調整の還付金など、無駄遣いしすぎることなくしっかり資金確保は整っていることでしょう。


まぁ、別に一気に埋めていく必要は全然ないので、今後ゆっくり買っていけば良いんですが、当ブログでは毎年解禁と同時に年末の余剰資金を一気に投入していくスタイルを続けています。


つまりは、待ちに待った年に一度の大型資金投入のイベントです。


てなわけで、今回の購入結果を早速報告していきますね。


今回購入したのは4銘柄となりますが、その一発となるのが、こちら。


【AVGO】ブロードコム

buy-avgo-5


先日も購入したばかりのブロードコムですが、さらに買い増ししました。


ブロードコムへの投資資金額は、ポートフォリオ内トップのマイクロソフトに次ぐ、2番目の投入資金額の高さとなりました。


いやぁ、ここまで高くなってしまうと、少しずつ買い増すなんてことはできません。


もう気合と勢いに任せて購入しないと無理です。


それだけに、来年度も同社にはエヌビディアに続いて大きな期待と信頼を寄せていく形となりました。


そろそろ分割してもいいころだと思うんですけど、ブロードコム経営陣の皆さんいかがでしょうか。


さて、続いての銘柄は、こちら。


【HD】ホームデポ
buy-hd-5


こちらも今年絶好調だった、ホームデポを改めて買い増し。


しかし、ブロードコムとホームデポ、どちらを主軸にしていくかを非常に迷いました。


いずれも2021年下半期に一気にラストスパートをかけてくれたおかげで、全体資産を大きく底上げすることに貢献してくれましたが、上半期にくすぶっていたためにいずれも定期的な買い増しできていなかったのが、本当に残念です。


結論から申し上げると、どちらを買っても自分の中では正解だと考えており、最終的には株価の高さを考慮して今後買い増すことが難しい銘柄から先に増やしていく、という選択にしました。


つまりホームデポはまだ400ドル代なのでSPYよりも安価ですし、毎月の資金でも何とか買い増しできるけど、ブロードコムは容易に買い増ししていくことが難しくなるという理由です。


そういった意味でも、引き続きホームデポへの信頼は厚く、今後もゆっくり買っていけばいいかな、と考えています。


さて、引き続き参りましょう。



【ABBV】アッヴィ
buy-abbv-20


3銘柄目はここ最近一気に株価の上昇が加速している、アッヴィを一気に買い増ししました。


130ドルを超えて未だモメンタムは衰えを見せず、まさに昨年度の12月度の上昇と同じく好調をキープ。


過去の推移をみる限り、同銘柄の1回のブレイクスルーでは20~25ドルがボックスのレンジですので、上振れで140を目標にしていました。


そういう意味では今回、程よいタイミングで買えたかな、と思います。


本当は125ドルを超えだしたあたりで手を出したかったんですけど、NISA枠解禁を待つというのは苦渋の選択だったりしますよね・・・。


ちなみに、検索キーワードで「バフェット太郎」、「アッヴィ」が人気なのかは、未だに謎が解けていません。


現在80株近く保有していますが、今後も大きく狂うことが無ければ、100株までは増やしていく予定です。


【PEP】ペプシコ
buy-pep-1


最後となりますが、安定のペプシコを久しぶりに購入しました。


いつも思うんですけど、ペプシコを買うタイミングって難しいなと感じています。


過去、数ある食品関連の銘柄に手を伸ばしてきましたが、結局のことろ長期でホールドできているのはペプシコだけです。


息子たちのポートフォリオには、まだコカ・コーラが残っていますけどね。


P&Gと比較してどちらを購入しても良かったのですが、配当タイミングを考慮して強化したいのがペプシコだったのでこちらに決定しました。



さて、今回NISA枠で購入したのは以上となります。

(NISA枠以外では、【HCP】ハシコープを少しだけ買い増ししましたけど)



ちなみに今回の買い増し判断は、以下の記事にも記載していますので、お目通しいただけると幸いです。





見て頂いてわかる通り、選定した理由としていずれも良配当銘柄が前提となっています。


2022年は金利上昇が本格化することにより、株価自体の上昇は厳しい局面になるのかな、と予測しており配当を重視するスタイルに戻していく形になるという想定です。


すでに、現在の市場でもその株価は織り込まれつつあるかと思いますが、チャレンジする回数は比較的少なく愚直にポートフォリオ銘柄を買い増ししていく、というある意味つまらない、退屈なシーンが続くこともあり得るため、今回のNISA枠は徹底してその趣旨に沿った内容で固めることにしました。



今回の売買は、以上となります。






まとめ


さて、今回の資金額は日本円に換算すると、105万円ほどでした。


つまりNISA枠は、早くも残り15万円ほどということになりました。


我ながら思い切ったな・・・!


そしてキャッシュを一気に投入した結果、ようやく2000万円の資産を突破することが出来ました。




資産総額とポートフォリオ内訳については、しっかり計算して別記事にまとめようかと思います。


正直なところ、自分自身を投資家としては凡庸だと思っているので、一人分の2000万円問題となる目標を達成できたのは、ただただコロナ期に大きく資産を増やすチャンスが訪れだけで、運に恵まれたと思ってます。


株をはじめた頃は日本株で毎日お金を溶かす毎日で、米国市場に逃げ込むように参入しました。


この4年という期間が、長かったような短かったような・・・。


しかし、これでも1人分の2000万円ノルマを達成したに過ぎません。


残り妻の分の2000万円を確保していくための、折り返し地点にようやくたどり着くことが出来て少しだけ安堵している一方、まだまだ先は遠いなーと少し気が重くなったりもします。


嬉しいような、悲しいような。


つまり資産額の云々に関わらず、投資に対する意識は前と何も変わっていない、ということであり目標もただの通過点なんですよね。



目標を超えれば、また新たな目標があるだけです。


勉強を継続しながら、慧眼を養っていく以外の近道もないのでしょう。


ひとまず、これにて年内の人事を尽くした、という気分です。


このまま、じっくり待ちながら天命を迎えることとします。


皆さんのNISA枠の投資先にも、明るい未来がありますように!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします。ぺこり。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア