こんにちわ。


いつも当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。


週末ブロガーのぺろりです。


楽天経済圏の皆様、おはようございます。


このところ、ロクにブログを更新できておらずに申し訳ございません。


本当にプライベートが忙しいことに加え、先日は3回目のモデルナワクチンを接種した影響で2日間も寝込んでしまったりと、バタバタしております。


そんな中、少しでもネタを提供できるよう、手抜き記事なんですが毎月のテンプレ記事を更新します。



VTI大好き芸人による月一回のテンプレ記事のお時間となりました。


ご存じの通り、この記事は以下ゴランのスポンサーによって提供されています。
images
※嘘です。


という訳で、今月も15日を経過し楽天カードの引き落としによって、新たにポイントが振り込まれていましたので、楽天証券の口座で投資信託を買い付けて行きたいと思います。


今や米国市場合は見る影もないほど、無残な姿となっていますよね。


もう、デイリーで株価のチェックすらしたくない!


というそんな毎日が続く辛い状況ですが、そんな中でも元金0で始められるポイント投資を積み上げて行くほうがよっぽど希望を感じられるというものです。


という訳で、今月の月一コマンド行ってみましょう。


それでは、本日もよろしくお願いいたします。


もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


ちなみに、「バナーのクリックで変なサイトに誘導されるんじゃ・・・」なんてことはありませんのでご安心ください


閲覧者に多くバナーをクリックしてもらえるほど、サイトの評価が高まる仕組みとなっています。


次の記事への励みとなりますので是非、ぽちっとお願いいたします!







3月の楽天ポイント結果


さて、という訳で楽天証券でVTIを買い始めて1年と2か月が経過しました。


実績と言ってもそんなに元本が太い訳ではないので、正直爆益を稼いでいるという訳ではありませんが、0円からポイントだけで資産を積み上げるという内容ですので、引き続きボチボチやっていきたいと思います。


いつもの、ですがこの記事の説明をしておきますね。


この記事の内容は自己の記録の積み重ねでもあり、【楽天経済圏】、【不労所得】というワードで迷子になっている方、投資信託を初めて見たいと考えている方にも、楽天ポイントを積み上げるだけで資産が増やせることの証跡になればと思い、黙々と書き続けています。


この記事の中でのToDoは、この2つだけです。

  • 月額の固定費支払いをすべて楽天クレジットカード払いにすること
  • 月一回のポイント払い出しで投資信託をスポット購入すること


初めて楽天VTIをスポット購入する、紹介記事はこちらからどうぞ。

 



という訳で今日も元気に一円も払わずに、獲得ポイントだけで投資信託を買っていきましょう。



楽天クレジットカードさえ持っていれば、誰にでもできる初めての投資信託にピッタリな安心・安全なのが楽天経済圏の最大の魅力です。


まずは、現在の資産状況の確認からみていきましょう。


3月時点では、以下の内容でした。

raku-s



まず資産額は49,841円でした。


先月の資産が45,976円でしたので、順調に回復していますね。


ようやく資産額5万円も到達寸前、という所まで来ました。



いやぁ、嬉しいですね。


だって、元はすべてカード払いのポイントだけですので、タダから生まれた資産ですからね。



現在における錬金術、とは言いすぎかもしれませんが、平均給与が下がり続ける日本国内のサラリーマンにおいては、もはや必須ともいえるポイント活動の1つと言って良いでしょうね。


続いて、評価損益は8212円で、先月の6501円から+1711でした。



で、先月の1月時点ではどうだったか、と言いますと。


raku-s



3か月連続でマイナスを記録していましたが、3月に来てようやく反転してくれましたね。


下がり続けていたここ数カ月の結果らから見ると、非常に良い傾向です。


株価も3月の3週目をきっかけに、持ち直してきた影響もあるでしょう。



当月を含めた過去の推移をグラフにすると、こんな感じになりました。

raku-st


グラフを見ての通り、1月の伸びが大きく貢献していますね。


この毎月の定額買付に加えて、楽天マラソンポイントなどで大きくポイントを追加できる機会も多いのがこの楽天経済圏の良いところだと思います。





さて、総資産額はポイント入金力以外は実のところ、ほぼ横ばいが続いている状況で評価額はずっとマイナスが続いていた冴えない成績という形でした。


先月2月の評価額が一旦過去最高の数値を記録したものの、ようやく3月の評価額は昨年度9月時点と同じ地点まで戻ってきたようです。



ここは、後ほどVTI本体の株価を比較しながら考えてみることとしましょう。



とにかく、今の地政学的リスクが市場にあるとはいえ、毎月のポイントで資産を積み上げて行くだけ、という教科書のような行動だけで簡単に資産を作れるって、本当に良い時代だなって感じますよね。


私も今までゲーム買うならヨドバシ派だったんですけど、最近楽天市場で買うようになっちゃいましたしね。


ただ、どちらもPS5は当選させてくれないんだよなぁ・・・。



ちくしょう!



さて、話を戻して・・・・


塵も積もれば山となる、を忘れずに毎月地道に積み上げていくことで小遣い程度の資産を築いていくことが、この記事の目標でもあります。


このまま、焦らずにじっくり育てていく方針には変わりありません。

relx

感情を排除したうえで、次項で機械的かつ静的な買い付けを実施して、気分を変えていきましょう。



楽天・全米株式インデックス・ファンドをスポット購入する


さて、2月で利用した楽天カードの累積ポイントは1605ポイントでした。

raku-p


この中で、投資資金として回せるのは1453円でした。


出費の額としては、いつも通りの金額といった範囲ですね。


というわけで、このポイントを利用して楽天・全米株式インデックス・ファンドを購入していきます。


raku-b



周囲の友人でも投資信託や投資に興味がある、と言いつつもなかなか最初の一手を踏み出せない方は、この記事のようにまずは楽天経済圏の中で、ゆっくりと初めて見ることをお勧めします。


tmte-image





まとめ


というわけで、今月の月イチコマンドによる買い付けも無事完了です。


つい先日、ご報告したばかりでしたが、もしウクライナ情勢について何かしら義援金を贈る余裕がある方は、是非この楽天ポイントを利用した楽天クラッチ募金をご検討宜しくお願い致します。






政治的にちょっと、、、という方も、現金だとうーん、、、と悩んでしまう方も多いかと思いますが、普段お世話になっている楽天を通して少しでも、社会貢献に役立つ行動が出来れば、と考えて実施しました。



個人的には、最低でもロシアにはデフォルトになって欲しいな、と状況を見守っています。



それでは最後に、おさらいの意味も含めて本家VTIのパフォーマンスを見ていきましょう。


vti-ch


チャートを見たところ2月で底を打ったのが210ドルでしたね。


年始の最高高値が244ドル前後でしたので、13.93%程度の被害ということになります。


先日QQQが20%以上の暴落を受けて、弱気相場入りとなった直後に入れ替わるように買い戻しの動きが高まったので、やはり市場参加者もこの辺りのタイミングを今か今かと狙っている、ということですね。


また2月末に一瞬だけ210ドルを割り込んだタイミングがありましたが、結局引けにかけて大幅に買い戻しが入っていた動きを見ても、サポートラインは確実に機能していると言って良いでしょう。


このVTIの210ドルのラインは、実は昨年の3月と同じ株価なんですよね。


つまり一年前の株価以上には下げさせない、というような市場参加者の強い意志を感じたような気もします。


ま、これは勝手な思惑なんで無視していただいて結構です。


先週末に怒涛の株価上昇した結果として、225ドルまで戻すことに成功し、まさに2Q前、つまり昨年の9月~10月くらいの株価水準にまで戻ってくることに成功しました。


少し勢いよく戻りすぎたせいもあって、来週少し調整もあるかなとは思いますが、それでも徐々に底値を押し上げていく形に期待できそうですね。


金曜日の連続3日上昇の流れを受けて、「この動きに遅れまい」、と時間外での買い注文を入れてる市場参加者も多くいらっしゃるんじゃないでしょうか。


つまり買場は戻ってきた、と個人的には判断しています。


ただし、金利は0.25ポイントで開始されたという背景もありますので、爆益が続くわけでもないと思います。


あくまで買うべき銘柄は下がりすぎた銘柄のみ、ですね。


VTI、ならびに米国市場全体も3月の終わりを迎え4月に向けて、緩やかな上昇局面となっていくことを予想していますが、それでも年始の240ドルオーバーを超えていくには、相当な時間がかかっていくと予想してます。


私自身も2月~3月の間、資金をあまり投入せずに温存していましたので大幅に下落したテック銘柄、半導体あたりを中心に買い戻しを進めていきたいと考えています。


それでは最後に、VTIの確認をしておきましょう。


構成銘柄を改めて確認しておくと、TOP10(約26%)は以下のようになっていました。

  1. アップル
  2. マイクロソフト
  3. アルファベット
  4. アマゾン
  5. テスラ
  6. エヌビディア
  7. バークシャー・ハザウェイ
  8. メタプラットフォームズ(フェイスブック)
  9. ユナイテッドヘルス
  10. ジョンソンエンドジョンソン

メタプラットフォームズが2ランクダウンで、6位から8位に転落する形となりました。


まぁ、これは当然と言えば当然なんじゃないでしょうか。


正直、メタバースという技術は注目に値しますが、まだまだ黎明期。


実用化できる技術は少なく、先行投資する分野も少ないので、旧フェイスブックがこの分野で黒字化するのはまだまだかなり遠い未来、いや、もしかしたら、このまま・・・。


いや、これ以上は控えておきます。


そしてユナイテッド・ヘルスが9位に上昇し、ジョンソンエンドジョンソンが10位へ繰り下げとなりました。





という訳で、来月も楽天VTI、およびVTIのご報告は以上とさせていただきます。



本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


tenin_black_shirt_man_ojigi



記事の内容に賛同して頂けたら、下のボタンを押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア














ポイ活するなら、定番のマクロミルがおススメです。

アンケートモニター登録
ついに累計ポイントは33,000円を超えたよ。



【楽天経済圏】はじめての楽天ポイントによるスポット投資信託購入方法は、ここから。



ポイ活、楽天経済圏はタダで始める副業 or 資産形成の初めの一歩と思ってます。



【BTCで副業】BlockFilでBTCレンディングを始めよう。