こんにちわ。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


週末ブロガーのぺろりです。


短い記事なのですが、売買報告の記事となります。

buy-images



実は最近私事を忙しくしておりまして、定期的に時期を発行できておりません。


その理由として妻が復職したんです。


十年ぶりに、二馬力。


で、家事・育児することになり、在宅勤務の私のウェイトが重くなったという訳で、なかなかまとまった記事を書く暇がありません。


そのせいで、非常にたんぱくな記事ばかりとなっていますが、最後までお付き合い頂けると幸いです。


もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


ちなみに、「バナーのクリックで変なサイトに誘導されるんじゃ・・・」なんてことはありませんのでご安心ください


一般閲覧者に多くバナーをクリックしてもらえるほど、サイトの評価が高まる仕組みとなっています。


次の記事への励みとなりますので是非、ぽちっとお願いいたします!







IRMをじわじわ購入継続


で、今回購入したのは、こちらです。


【IRM】アイロン・マウンテン



なかなか、耳にすることは少ない企業だとは思いますが、元は物理的なストレージサービスを生業としている企業で、近年データセンター事業者として変貌を遂げつつある企業です。



この企業を選定している理由なんかについては、このあたりの過去の記事でも触れていますが、








主な理由としては、こんな感じです。

  • 先の記入セクターの1Q決算を見ての通り、今後も米国市場はインフレ懸念で株価が伸びないと予測
  • どうせ株価が伸びないのであれば、ETFを定期買い増しするより高配当銘柄を集中保有する
  • データセンターREITは、テクノロジー銘柄のした支えでもあるため、需要が減少すると考えづらい


端的に言えば、どの銘柄買っても資産は増えないし、ETFを買っても配当低いので直近でうま味もないので、資金を眠らせるのであれば株価が維持できる適度な高配当銘柄買っておこう、という感じです。


irm-ch


前回、購入したのは12月でしたね。


ちなみに前回購入した際の配当は5.71%でしたが、このところ株価の上昇が続いたおかげで配当は4.46%にまで減少しました。


もとはと言えば、サクソバンク証券で初めてIRMを購入した際は、2019年12月で約32ドルで購入していました。





当時の配当7%を優に超えていましたので、ずっとホールドできてればおいしい銘柄でしたね。


コロナ相場においては、さらに株価が下落していたので、【OKE】ワンオーク同様に15%近い配当となっているタイミングもあったんですよね。


この時に買えていれば神でしたね。


しかし逆に言えば当時から、つまりここ3年程増配していない点が憂慮すべき銘柄です。


この辺りは、個人の判断によると思いますが、管理人的には当社に深い懸念は抱いておらず今後もすきを見て買い増していこうと考えています。


別の記事でもお伝えしたかと思いますが、同率の配当を誇る【MO】アルトリア、【PRU】プルデンシャル生命なども候補として考えています。


という訳で、今回はまとまった金額を投入しました。


buy-irm-47



とはいえ、キャッシュ比率は依然としてかなり高めで、余力を十分に確保している状況です。


この理由としては、管理人のポートフォリオ内における中堅銘柄として期待している、【HD】ホームデポ、【TGT】ターゲット、【UPS】ユナイテッド・パーセル・サービスなどが、現在ほどよく株価迷走しているので、一気に買い支えしたいと考えているからです。


先週から、小売りが少しずつ息を吹き返し始めた気もするので、もしかしたら買っても良いのかもしれませんけど、デルタ航空など輸送業・航空業などの決算も燃料費増加で想定を下回る決算だったこともあり、【UPS】がホットに見えてきました。


ups-ch


ある程度、同社が売られる理由には同意できるんですけど、200ドルアンダーは同社の過去の決算や売り上げなどからみても、かなりの割安だと思います。


配当も再び3.23%にまで戻っていますし、お買い得感満載です。


お忘れの方も多いかと思いますが、UPSはガッツリ増配を実行できる超株主優先の銘柄ですので、長期保有を考えている方には良いシーズンなのでは、と考えています。






まとめ

という訳で、本日の報告は【IRM】アイアン・マウンテンを購入しました、という内容でした。


ちなみに来週は、【JNJ】ジョンソンエンドジョンソン、【PG】プロクター&ギャンブルなどの大型銘柄の決算発表がありますね。


このところ、相場を見るのがなんともつまらない時期が続いていましたが、これらの銘柄によって今後の流れが変わるのか、を掴めるのではと考えています。


インフレで消費が落ち込んだ場合、生活必需品の価値が引き上げられる可能性があると、ジム・クレイマーも言っていましたし、要注目の内容となることでしょう。


そして、私も絶賛含み損でも我慢して保有している【TSLA】テスラも決算があるので、現状を打破してくれる結果であれば、またグロースに光が戻ってくる?かもしれませんしね。


来週からは少し、今までの相場観と変わってくることを期待したいと思います。


皆さんの参考になれば、幸いです。


最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。


お帰りの際には、ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします!!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア