こんにちわ。


週末ブロガーのぺろりです。


いつも当ブログに来ていただき、ありがとうございます。


10月も残すところ1日ということで、もう11月も目前の最後の週末となりました。


秋から冬になってきましたね。


日中の温度はまだ温かいものの、少しずつ黄昏時が短くなり、朝の寒さはお布団からなかなか抜け出せない程の厳しさを伴ってきました。


1か月後にはもう、師走も目前とか言ってるんですよね。


もう年末シーズンとなりますので、財布のひもを引き締めて行きたいところですが、なんだかんだ言いながら10月も配当金が出揃いましたので、結果を見ていきたいと思います。


images


特別配当を除けば、もう今年も配当を貰えるのは残り2回になりましたね。


今年は毎月の配当300ドルを目標に再投資を重ねてましたので、もう凡その現実的な着地点も見えており、振り返りにできる材料は揃ってきたかな、という印象です。


そろそろ1年を振り返っての反省点や、振り返りをするたに心を整えていかないといけませんしね。



で、本題に入る前にどうでもよい雑談なんですけど、


ついにウデマエはS+10帯に突入しました。



あ、スプラトゥーン3の話で恐縮です。


で先日のアップデートでラグが解消されたとのことだったので、楽しみにしていたんですけど、


全然解消されてませんでしたよ。



というよりも、むしろ我が家のNURO光の接続状況が絶望的に悪い、ということが鮮明になりました。


何もゲームに限った話ではなく、確かにセッション断が多いのは気になっていたんですよね。


下りの速度に関しては、抜群のパフォーマンスなんですけど、既存通信に影響を与えているという点では大きなマイナス要素ですよね。


そして、切り替えた結果それほど、コストが下がっているわけでもないってのが、、、また。


まぁ、それでも楽天さんの回線よりはマシというということだそうで、やっぱりインフラへの設備投資をケチって海外の安い機器を代用して低コスト回線を提供しているサービスって、安定性・信頼性が伴ってないなぁと如実に実感しました。



ついつい、前置きが長くなってしまいましたが、


という訳で、本日もよろしくお願いします。


message_yoroshiku_business


もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


ちなみに、「バナーのクリックで変なサイトに誘導されるんじゃ・・・」なんてことはありませんのでご安心ください


一般閲覧者に多くバナーをクリックしてもらえるほど、サイトの評価が高まる仕組みとなっています。


次の記事への励みとなりますので是非、ぽちっとお願いいたします!






10月配当結果


で今月の配当報告ですが、結果は以下の通りでした。


PEP  20.28ドル(+6.64)
AVGO 114.26ル(+11.8)
MO 74.73ドル
(+12.22)
TSM  14.94ドル
(-0.91)
PM 118.07ドル
(+5.74)


合計342.28ドルでした。


前回の7月が194.39ドルでしたので、大幅アップのように見えますが、今回はPMの配当がずれ込んで入ってきた影響によりますね。


それでも実質的には、前期比で30ドルプラスという結果に落ち着いています。


単月の配当総額15%以上という数字ですので、十分胸を張って良い結果なんじゃないでしょうか。


地道に積み重ねてきた結果、ですね。


ちなみに、当月の配当をグラフにしてみるとこんな感じです。



10-div



グラフ配分としては、PM、MOというタバコ銘柄の2大勢力で55%を超えているので、はっきり言って分散という意味でリスクが非常に高い構成になっています。


タバコ銘柄に関しては、正直今後も手を緩めるつもりはありません。


主力ではないですが、適宜に買い増していく予定です。


というのも、来年の米国市場も上半期はまだ愚図ついた相場を抜け出せないと予想しているので、配当重視の投資スタイルにおいて、高配当銘柄を優先する上でタバコは外せないという判断です。


ただし上図のグラフを見ての通り、この状況が望ましいと考えているわけではなく、しっかり対策を取っています。



その1つが、ここ最近で最も買いを増やしているペプシコですね。




記憶に新しい直近の決算も、申し分なかったです。


そして、先日の市場の強い動きに乗って、年度来最高値を更新しました。


pep-ch


今回はたまたまですが、自身の投資方針と対象先がガッチリかみ合った結果、良い結果をもたらしてくれたので嬉しい誤算とも言えます。



その反面、残念な結果となっているのがTSMですね。


2期連続で小幅ながらも減配を実施しており、株価も非常にさえない動きです。


そして何よりも中国の台湾侵攻が現実的なレベルになりつつあるとの見方もあり、今後も危ぶまれる可能性が高いという点で手放すこともできずに、なんとも微妙な立ち位置になったまま放置。


先日のAppleの決算をみてもiPhone14が爆嬉している、という訳でも無さそうですし、とにかく有事が起こらないことを願うばかり。


むしろリスクヘッジとして、防衛関連銘柄を買っておくべき、というサインかもしれませんね。


同じ半導体セクターとしては、ブロードコムは軟調ながらもこの1週間ですっかり5%以上も株価を回復し、買い増しの判断でもあった450ドルをあっさり超えてしまい、買い時を逃してしまいました・・・。


資金力と配当タイミングが、噛み合わなかったのが無念の極み。


ただし、500ドルアンダーでもまだ評価としてはやや売られすぎ、という判断ですので機会があれば、買い増しておきたいところですね。


しかしペプシコで中和策を講じているとしても、セクター比率の偏りは否めないので、新規銘柄の導入検討は今後もはや必須レベルかと思いますので、銘柄検索、選定を進めていきたいと思います。



さて、2022年における10月時点の配当総額は2684.15ドル、平均は265.935ドルとなりました。


推移としては、下記のグラフの通り。

div-av


前にもお伝えした通り、年間の配当総額は3200ドル付近で着地予定です。


最終的な目標であった、月平均300ドルには残念ながら少し及ばす、という結果になりそうです。


こちらの目標は次年度に引継ぎ、という形になりますが今後も焦らずに進めていければ、もうゴールは見えている範囲内かと思います。


年間の配当率としては、1.6%辺りで落ち着きそうな印象です。


こちらは、投資資金を総額とせずに、含み益を入れた資産総額で配当率を算出しているため、少し低めの算出となっています。




購入銘柄の報告


それでは、配当金額にもう少しだけ入金した金額を加え、購入していきたいと思います。


ちなみに10月中頃に購入した銘柄はこちらを参照。





前回の9月の頃にも、こんなことを書いていましたね。

ジム・クレイマーも食品関連の【GIS】ゼネラル・ミルズ、【K】ケロッグは良い、と評価していましたし、私も同感です。


ペプシコもさることながら、食品セクター、良いですよね。


息子にケロッグを買ってあげたいな、なんて考えていたのに、グングン株価上がっていて、悲しみ。


それでは、改めて購入した銘柄に参りたいと思います。


まずは、定番ながらVTIを久しぶりに購入。

buy-vti-1


できれば、180ドル代の間に購入したかったですね。


ずっと、ダダ下がりでしたので買うタイミングを見失っていましたが、決算シーズンが始まり市場の値動きが好転してきたタイミングに乗っかって購入しようと決めていました。


今回の決算でテクノロジー企業が絶不調でしたので、今後の株価の伸びは正直あまり期待できませんが、200ドルアンダーで積み上げて行ければ安く買える安心のETFではないでしょうか。



で、続いては【MO】アルトリアを少しだけ買い増し

buy-mo-3


理由は先に述べた通りですね。


タバコ銘柄は、年々増配率が減少していますので全力投資するべき対象ではありませんが、こういった軟調が続くシーズンこそ、積み増ししておくと後々楽になれると信じてます。


当座、アルトリアだけで100ドル配当欲しいので、余力があり次第適宜買い増して行きます。



そして、【PEP】ペプシコをさらに購入。

buy-pep-1


この子は、もっとできる子です。


ペプシコは来年には200ドル超えると信じていますので、同社のチートス&マイク&ドリトスを含め定期購入していきますよ。



そして、最後にいつものパイプライン企業を購入。


【OKE】ワンオーク
buy-oke-1



【ENB】エンブリッジ
buy-enb-1


原油価格、また持ち直した結果もあり、石油企業が爆上がりですね。


気が付いたら手持ちの【XOM】エクソン・モービルは、トリプルバガーを達成していました。

xom-ch


コロナ期に大量購入した際は、30ドルでした・・・。


ワンオーク同様に、もっと買っておけば良かったな。


ちなみに、エクソン・モービルは、こちらの米国会社四季報でもトップページの扱いでした。

米国会社四季報 2022年 秋冬号 [雑誌]
米国会社四季報 2022年 秋冬号 [雑誌]


ジャンプでいうと巻頭カラーというポジションですね、ここまで言えばあとは分かるな。


という訳で、100ドルアンダーの石油企業をもう少しだけ、増やしてよいという検討を進めています。


残念ながら、今回購入したパイプラインの燃料はやや下がってしまった結果、株価は伸び悩みしていますし、エンブリッジに至っては私自身も含み損を抱えてしまいましたが、全く心配はしていません。


今後も買い増しして行く方向に、変わりありません。



今回の買い増しは、以上になります。



まとめ

今回の買い増しは、運よく決算期間によって市場が持ち直すタイミングに乗じて購入できたので、購入した直後から含み益という、よい形で参入できました。


やっぱり小分けで購入したほうが、リスクは分散できますね。


で、実のところ先月の9月、10月ともに実は月の余剰金以上のキャッシュを多めに投入しました。


残り2か月ということもありますし、低調である9月を抜けて徐々に年末のクリスマスラリーに向けて株価が後なおしていく形を期待しているからです。


とはいえ、一旦高止まりすると考えていますし、依然としてテクノロジー企業は不調が続く見通しなので、現在の投資スタイルを継続しながら地道に資産を増やしていく他ない、と考えています。



という訳で、本日の記事は以上にしたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


もしよろしければ、ボタンの押下をお願い致します。



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア














ポイ活するなら、定番のマクロミルがおススメです。

アンケートモニター登録
ついに累計ポイントは51,000円を超えたよ。



【楽天経済圏】はじめての楽天ポイントによるスポット投資信託購入方法は、ここから。



ポイ活、楽天経済圏はタダで始める副業 or 資産形成の初めの一歩と思ってます。



【BTCで副業】BlockFilでBTCレンディングを始めよう。