こんにちわ。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


週末ブロガーのぺろりです。


1月も早くも最後の週末となりましたね。


年明けから暗いニュースが多かったように感じますが、米国、国内ともに市場は活況に推移しており、ひとまずは最初の1か月、皆様お疲れさまでした。



image




で、今回はその活況過ぎる市場がゆえに、ポートフォリオの組み替えを行うことを決意しました。


昨今のモメンタムを見てる限りだと、3月利下げの期待を織り込む強い動きがあるようですし、半導体企業の決算の出足が良かったことも加え、テスラを除くM7を筆頭にテック銘柄の押し目が止まりません。


この点に関して、ジム・クレイマーなんかは利確しろー!と市場参加者に注意を促していますよね。


しかし、私はあえてAIのテーマは再燃することを見込んで、このビッグウェーブに乗っかって見ようと思います。



それでは、本編で売買の報告を進めていきたいと思います。


という訳で、本日もよろしくお願いします。


もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


ちなみに、「バナーのクリックで変なサイトに誘導されるんじゃ・・・」なんてことはありませんのでご安心ください


一般閲覧者に多くバナーをクリックしてもらえるほど、サイトの評価が高まる仕組みとなっています。


次の記事への励みとなりますので是非、ぽちっとお願いいたします!






利確&損切りの実施


まずは手元資金を確保するために、既存ポートフォリオの銘柄を売却していきます。


量があるので、サクッと行きますね。


デボン・エナジー

sell-dvn-4


sell-dvn-8


はい、まずはデボン・エナジーです。


こちらは完全に高値掴みによる損切りになります。


昨年度ジョインした直後に配当も目減りし始めていましたし、株価の動きも弱く復調の兆しを待って泳がせておいても悪くはない選択肢だと思います。


従来の考え方では、ですね。


ただし今を好機ととらえて、とにかく今すぐに勝負の資金の確保のため、と考えた場合は話が別。


とにかく損失銘柄を最優先で追い出すことにします。


配当含めると、トータルの損失は150ドルくらいでした。



続いては、こちら。


オラクル

sell-orcle-2


こちら年末にも少し利確しました。


残り2株ほど保有があったので、こちらも全売却することにしました。


ちょうど前回の決算ダメージから回復傾向にあり、判断的には寝かせてて良いのですが、今後買い増して行く可能性も低いと捉えて、この期に売却を完了しました。


配当と合わせて50ドル程度の利益となりました。


続いては、こちら。


シスコ・システムズ

sell-csco-3


扱い、ポジション的にもほぼ同格にシスコを利確しました。


いつも50ドルアンダーで買いを細々と続けており、未だにこの半版は間違ってないと思いますが、利喰い出来る範囲も狭いため、資金確保を優先するためと割り切って売却しました。


30ドルほどの利益ですが、手堅さが再現性高いのでまた暴落したタイミングで仕込む可能性は十分あると思います。


とりあえず、短い間でしたがお疲れさまでした。


続いても売却に関して悩みましたが、こちら。


メルク
sell-mrk-4


こちらも株価は完全復活を果たして、おまけに新高値まで更新しました。


まだ手元に残していますが、とりあえず購入資金確保のためだけに2株ほど利確しました。


利益は30ドルほどでした。


じゃ、これらと虎の子の資金を使って買いに行きますよっと。


【MSFT】マイクロソフト
buy-msft-3


そうなんですよ、またマイクロソフトを積み上げました。


前回390ドルで購入したのですが、その後の勢いも衰えないことを確認して、まだ伸びるほうにベット。


運よく期待通りに400ドルを超えてもなお、と失速を感じさせない様子が伺えます。


来週明けの決算が、本勝負ということになりますが、運が悪ければ5~10%の下落も覚悟の上。


しかしCopilotが本格的な起動している数字であれば、420~450ドルまでの株価レンジも夢じゃないハズ・・・。


というか、このシナリオしか考えていません。


私の今年の資産目標4000万円は、実質マイクロソフトに委ねられていると言っても過言ではないです。



後は任せたぞ。



と、続けてもう2つほど行きます。


まずは、ベライゾンを決算前に追加買い増ししました。


【VZ】ベライゾン
buy-vz-2


実は先のマイクロソフト購入資金として、こちらも全額売却しようかなと候補にしていたのですが、敢えて買い増す決断にしました。


ながらく不調だった株価が上り調子だったこともあり、業績復活によって50ドルまでには戻す路線にベットしました。


決算前日に踏み込んだおかげで、無事利益を増やすことが出来ました。


ヨシ!


最後に私のポートフォリオで忘れてはならないのが、こちら。


【AVGO】ブロードコム
buy-avgo-1


いやー、ついに1200ドルを超えましたね。


その直前に乗れなかったのが悔やまれますが、まだこのモメンタムが継続するほうにベットしました。


ジム・クレイマーよ、どちらのデッキ読みが正しいか、勝負と行こうじゃないか。



まとめ


という訳で、売買の報告を完了します。


まだ新年になって最初の月とはいえ、スタートダッシュを本気で取りに行きたいと考えた結果、集中のキーワードを元にフルベットする方向に舵を切りました。


まだ途中結果ではあるものの、前回の記事で3300万円を超えた、とお伝えしていましたが、



shi-to



今週末時点では、こちらの結果でした。



shi-to


3500万を突破しました。



3000万円を超えてからの資産の増加率が凄い、とはよく言いますがまさに今体験中ってところなんでしょうし、先月から実施している集中の効果は少なくとも得られており、今のところ間違ってないものと考えられます。



でもね、マイクロソフトの進撃は


まだだ、まだ終わらんよ!


知らんけど。



まぁ、とにかく2022~2023年は地味な相場だったことから、無難な配当銘柄を買い集めていたポートフォリオ内のダブついた銘柄を処分しつつ、引き続き稼ぎ頭であるマイクロソフトに今後も注力していくことになると思います。



そんなわけで、成長投資枠のNISAは残り100万円になりました。


nisa-rest


こりゃ、予想以上に早期に使い切ってしまう可能性のほうが高そうですね・・・。




という訳で本日の記事を以上にしたいと思います。


それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


皆さんの参考になれば、幸いです。



是非お帰りの際には、こちらのボタンのポチリお願いします。





ポイ活するなら、定番のマクロミルがおススメです。