こんにちわ。


週末ブロガーこと、管理人のぺろりです。


いつも当ブログに来て頂き、ありがとうございます。


気づけばGWも残りわずか、徐々に気温も上昇し始めており、日中帯の暑さに厳しさが出てきましたね。


仕事では4月からの新組織発足で体制の変化や、人事評価の再考などで何かと慌ただしいシーズンで、プライベートでも家庭菜園の成長スピードも次第に速くなり、夏野菜収穫に向けての最終準備を進めている最中です。


ちなみに今年は、トマト、ミニトマト、枝豆、トウモロコシ、ニンジン、ナスなどを栽培中で、トマトに関しては完全水耕栽培に調整しつつ、夏以降でもビニール栽培が継続できるように勉強しているのが楽しいです。


という訳で雑談が長引きましたが、月初の銘柄棚卸をやっていきたいと思います。


通常この時期はセルインメイなんて言われて、売り抜けのタイミングになり市場の閑散とした動きになりそうですが、家庭菜園のように季節の収穫ができるようにしたいところですね。

hirune_soto_businessman


昨年度末から約半年間にかけて好調だった米国市場ですが、今期の決算直前に市場の変化があり現時点では株価のラリー中ということで、GW中はちょっと一休みしながら振り返って見るには良いタイミングだと思います。



で、今回どうしても話したい雑談を挟んでみたいのですが、


4月って人事異動や組織改編が良くありますよね。


その際、新しい管理職の方がよく言う理解に苦しむワードの1つに、


「皆さん一人一人のチカラで、組織を盛り上げていきましょう!」


leader_sagyouin_man


って、類の発令を耳にする機会でありますよね。


これ、ずーっと謎で分からないんですよ・・・。



組織が盛り上がる、、、ってどういう状態ですか?



なんとなくわかった風に、受け入れていますが、私はこの方20年近く「組織が盛り上がった状態」を見たことがないし、その効果を体感したこともありません。


組織が盛り上がったバフが掛かると、売り上げ単価1.25倍とかになるんですかね。


セルフ盛り上げ+組織盛り上げの重ね掛けで、1.75倍とかもあり得るのかな。


逆に盛り下がると、始業時のスタミナ減少で作業効率マイナスとか、午後から業務で睡眠の状態異常に掛かりやすくなるとか?



わからない・・・。


別に批判したいとかという訳ではないのですが、この「盛り上げる」という行為の効果や、責任についてライブやゲーム以外で体感したことのある方は、是非コメント欄で教えて欲しいです。



という訳で、本日もよろしくお願いします。

tenin_black_shirt_man_ojigi


もし、よろしければこちらのバナークリックで応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


ちなみに、「バナーのクリックで変なサイトに誘導されるんじゃ・・・」なんてことはありませんのでご安心ください


一般閲覧者に多くバナーをクリックしてもらえるほど、サイトの評価が高まる仕組みとなっています。


次の記事への励みとなりますので是非、ぽちっとお願いいたします!






2024年4月末の資産状況


まずは4月のヒートマップから。

hm-2



今まで続いてきたオールグリーンから一変、全体的にちらほら赤色が目立つ荒れた1月でしたね。


VIXは4月中旬をピークに19ポイント弱まで上昇し、現在は再び安定を取り戻して13ポイントに戻ってきました。


一時的に強烈な売りが入ったために狼狽売りに発展し、一部では売られすぎ銘柄が買い戻しといったターンの合間ですかね。


ビッグテックは決算を機に少しずつ株価を戻す動きで、しばらく沈黙が続いていた一般消費、必需品セクターが底上げしつつある値動きに変化。


一方でエネルギーセクターは高止まりするも、公共事業が軒並み好調に推移しているようです。


中でもGEが分社化した後でも強くて、非常に気になります。


セクターとしては、まばらな動きで決算の内容次第で売り、買いときれいに評価が別れた月になているのではないでしょうか。


ただ、期待されていた利下げが遠のいたこともあり、金融・不動産のマイナスも大きく、全体的に戻りの出足はそこまで強くないという印象です。


やはりセルインメイの格言通り、今はあまり勝負するメリットを感じれられませんね。



では、この流れを受けた自身の資産推移を見ていきます。


shito


4月度末の米国資産は3958万円で3月時点の3797万から161万円(+4.2%)となりました。


別の記事でも報告した通り、瞬間的には目標でもあった4000万円を超えており、早期達成を実現できた点において喜ばしい結果となりました。


gutspose_man



しかし保有している米国株の資産額の含み益は、先月の89426ドルから82218ドルへと減少しています。


つまり含み益は減少しているので、実質ドルベースの株価資産額としては今年度初のマイナスとなっています。


先月の1ドル151円から153円への円安が加速した分で、一時的に水増しされているということですね。


と、考えるとあまり望ましい結果ではありませんが・・・・


ひとまず今月も連続7か月で自身の月収を上回るパフォーマンスを達成できました。


10月 +601,806円
11月 +1,001,050円
12月 +2,046,367円
1月   +4,499,706円
2月
   +3,201,223円
3月   +932,124円
4月   +1,612,599円


ついに2024年に入ってからの、含み益は1024万円のプラス。


若干不本意な結果もありますが、今月も自身の年収を大きく上回る資産の増加が継続できました。


r > g を体験すると、こんなにも働く意欲が無くなってしまいます。



とにもかくにも、年間の目標だった資産総額4000万を突破したので、4500万円に上方修正しつつ現在の相場の動き、決算などを踏まえて今後の投じるべき資金の先を考えていきたいと思います。








ポートフォリオ状況

直近のポートフォリオは下記の通りとなりました。


shihoo



こちらは、保有数を軸にした円グラフです。


100銘柄超で大きく保有しているのは、ワンオーク、フィリップモリス、アルトリアといった高配当銘柄がトップ3を占めており、今月も大きな売買は行っていませんので特に大きい変化はありません。


含み益、含み損の結果はこちらの通り。


plu-to


前月の3月末と比較すると、キャピタルの主力であるマイクロソフト、ブロードコムともにマイナスとなっており、全体の資産額を押し下げる形となりました。


ブロードコムが1300ドルをキープできるようになれば、自己資産4000万円台も安定して推移することになるでしょう。


しかし両銘柄ともにAI関連銘柄となるので、今後も継続してい買い続けるには一時様子見の期間を挟んだほうが賢明と判断し、今月の購入は従来の配当銘柄を手厚くする方向へ舵を切りました。










まだ短期での成果としては見えていませんが、6月中旬までは決算が続くので必要もありません。



しかし決算を追う限り、買う or ステイの判断だけは明確にできるようにしておきたいところですね。





まとめ

今年の投資テーマでもあった集中、特にAI関連銘柄に対しての集中投資は短期間ながらも功を奏したと考えています。


特に主力であったマイクロソフト、ブロードコムの含み益は2024年以降に1.7~2倍弱にまで増加しており、全体的な相場の好影響も非常に大きいですが、年初来で+1000万円を達成することが出来たのは大きい成果に繋がりました。


これくらいの目に見える成果だったら、「盛り上がっている」と言っても良いかと思うんですよね。


知らんけど。


で、目標も引き上げたことですし、今後どこに資金を投じていくか、ですね。


当初掲げていた上半期はAIに資金を注入する、という方針は変わらず、にしようと考えています。


ただし全体として資金のウェイトをやや少なくする方向で検討しているところです。


エヌビディアはやはり単価が高いことに加え、乱高下が激しいので買うべきタイミングを見極めるのはほぼ不可能なので、ガツガツ買いますには向いていないような気がしています。


それよりも、先日好決算だった【VRT】バーティブのような関連銘柄の割安株、もしくはマイクロソフトと並ぶ2大AIソフトウェア部門を持つ【GOOG】も配当を始めましたし、まだ割安で買える時期なのではと思案中です。






同時にAIが進めば電力も必要なるわけですし、現在好調な公共事業にも再度手を広げておいても良い時期なのかな、と。


【SO】サザンなんかまだ、今後も伸びそうな気配ありますしね。



早期に目標を達成できたことにより、少し心に余裕が生まれた結果グロースに注力して資金を投じる必要が無くなったので、少しずつ従来の配当を中心として割高となりつつあるドルを如何に手軽に手に入れる方法を獲得するか、といった視点に切り替えるイメージですね。


5月の配当と相談しつつ、場に臨んでいきたいと思います。



それでは、本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。


皆さんの参考になれば、幸いです。


是非お帰りの際には、こちらのボタンのポチリお願いします。




ポイ活するなら、定番のマクロミルがおススメです。