こんにちわ。

タイトル通りの当月の配当報告となります。


2020年5月配当金結果

テキサス・インストゥルメンツから、下記の配当金を頂戴しました。


TXN 1.96ドル


結果として、前回分の2月と変わりありません。


なお、含み損については、下記の通りとなりました。

TXN -20.76ドル

こちらも想定通りですね。


前回からの推移について

【TXN】テキサス・インストゥルメンツ
txn-chart


105~110ドルのボックス期間が長かったですが、ようやく115~120ドルへと抜け出せそうな気配となってきました。

需要が伸び続けている情報技術セクターに反して、半導体セクターの回復は長らく苦戦しており、恐らく次の2Qでの減衰を織り込んでいるものと見られます。



2020年1Qの決算内容も良く、業績は順調だったと言えます。

コンセンサスEPSも市場予測を、大きく上回る結果となりましたが、株価には反映されずという結果です。

txn-consensus-eps


まとめ


正直なところ、半導体セクターの回復はもう少し先になると見込んでいます。

今は受難の時期と捉えて静かにホールドを継続します。




【TXN】テキサス・インストゥルメンツの紹介記事です。



【TSM】タイワン・セミコンダクターの紹介記事です。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
ポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村