皆さん、こんにちわ。


さて、夏のリバランス第二弾です。


いや、別に毎年夏にやってるわけでもないです、クリアランスセールじゃないんだし。


5月末で実施した資産棚卸状況からの、低パフォーマンス株を入れ替えします。




第二弾として、今回実施したのが【KHC】クラフトハインツです。






クラフトハインツ(KHC)について

クラフトハインツの持ち株数26株を、すべて売却しました。

khc-sell-all



購入したのは、1年2か月前で1株32.20ドルで26株購入しました。


これまでの過去5回の総配当金は29.95ドル、今月にもKHCの配当を貰える予定なので、推定総合計は35ドル程度かと思います。


そして売却は31.185ドルでしたので54.30ドルのマイナスで、過去の配当と相殺してトータルでは20ドル弱の損失、となりました。



もともと32ドルまで下がってからの反転を狙い、見事外している状況でしたので、大火傷しなかっただけでも良しとします。


保有して1年弱の間、都度都度様子見していましたが、やはり今後の力強い期待できないという一点につきます。


週次のチャートですが、この1年間はがっつり30~35ドルのボックスから抜け出せず、何かあれば30を割り込みを繰り返しています。


khc-chart

PERは20.07とそれなりの人気銘柄にもかかわらず、株価が反転する気配も見えない。


思うところは多々ありますが、今回棚卸した理由も希望的観測を捨てて、客観的な事実に基づいて処理したに過ぎません。


この銘柄こそ、バフェット氏が手放そうものなら大暴落するという爆弾も抱えているわけで、長期的に保有するメリットも少なく、損失が大きくないうちに足切りできたので、損失も原価10%未満であるため十分、リカバリできる範囲で抜け出せたと考えています。


800ドル近くは手元に帰ってきたので、今後購入する銘柄で取り返していく心積もりです。




クラフトハインツ(KHC)のパフォーマンス

前回同様、売却するにあたって理由は大きく2つです。

  • 情報技術セクターを強化するために、資金を集約する

  • S&P 500を下回り、今後も低迷しそうな銘柄を足切りする


というわけで、今一度クラフトハインツのパフォーマンスをおさらいしていきます。


EPS
khc-eps

全体的な数値の力強さがなく、大きなマイナスとなった2018年期以降もパッとしない決算が続きます。



次は、配当利回りです。
khc-dividend

減配に踏み切り、フリーキャッシュは緩やかに回復傾向にあります。

株価が右肩下がりとなるにつれ、利回りは上昇傾向となっています。


流石に2度目の減配をする心配は、今のところなさそうですが、配当性向は68%と余裕がある数字とは言えない状況だと思います。


キャッシュフロー
khc-bs

キャッシュフローは改善されつつあるとみて良いと思います。

しかし、同社の問題は成長性の低さと、戦略性のなさにあると考えています。


元より30ドル前半の下落から2020年でのV回復を期待していたのですが、コロナショックを迎えたことにより年内の株価ブレイクも絶望的とみて、売却を固めました。



最後にS&P500との比較

khc-vs-sp500


当然のことながら、アンダーパフォームしています。

比べるまでもなかったかな・・・。





まとめ

やはり管理人は、食品メーカー銘柄とは相性がよろしくないようです。

【GIS】ゼネラルミルズ、【K】ケロッグについて、同銘柄も撤退となりました。


唯一残ったのは、スナックの大手【PEP】ペプシコだけとなりましたが、これで良いのかな、と思っています。


元々、一般消費財はバラツキが多かったことも事実で、長期的なパフォーマンスが決して高いセクターでもありません。


そのため、景気回復が見込める現在において、保有する理由もないという判断に至りました。

単体の取引としては1年かけてマイナスとなりましたが、これも勉強代ですね。



さて、新しい銘柄に乗り換えて心機一転、不労所得を確保していくよう邁進してまいります。

新ポートフォリオ入り銘柄も買い付け完了次第、ご報告できればと思います。




リバランスの必要な個別銘柄なぞ買わずにETFだけ、買っておけばいいのに、というありがたいお言葉の詰まった本です。

敗者のゲーム〈原著第6版〉 (日本経済新聞出版)
チャールズ・エリス
日経BP
2018-01-31




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
ポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



前回実施したケロッグの記事はこちら。



2020年1Qの立ち上がりも、うーん、といった内容の1Qでしたね。



試されて、泳がされました。ただそれだけのこと。



少なくとも、2020年内は少ないんじゃないでしょうかね。