皆さん、こんにちわ。


管理人にとっての6月は、国内企業の配当もあることから、月の合計配当総額は年内で最も高い月です。


というわけで、配当金による再配当で何を買ったのかをご報告します。






市場の状況について


ようやく6月の給与が満額振り込まれました。


というのも4月~5月は、在宅勤務となり基本収入が2割近く下落していたため、生活資金にも余裕がある状況とは言えず、給付金が無かったら本当に危ない場面もありました。


ようやく投資に回す金額が元に戻ったと思って安堵していたら、今度は市場がアップダウンの激しい大荒れとなかなかタイミングが噛み合いません。



いったん現状の相場を確認をします。



6/25の相場ではVIXは上昇、金も上昇、原油や株価は下落と市場は完全にリスクオフでした。


その背景として、米国内での第二波が現実的になりつつあり、フロリダでは11万人へと感染拡大しています。

これによりアップルも14店舗を再休業の処置を取ったりと、まだ米国南部では依然として被害拡大中と見たほうが良さそうです。


国内でも、昨日新たに緊急事態解除後に初となる、3桁増となる感染者が発表されましたが、やはり経済を優先して何としても第二波は避けたいと願わずにはいられません。


すでにトランプ氏は第二の給付金、いわゆるヘリコプターマネーについても検討をしているとのことで、何としても経済対策によるアピールを見せようと躍起になっています。


trump-images-0


それもそのはずで、自身の支持率の低下とバイデン氏のリード結果が大々的に放送されているからです。


また出版をさし止めすることができなかった、元側近ボルトン氏による暴露本の内容によって非常に不利に立たされる局面が予測できます。


詰まる所、まだ米国内のコロナ感染拡大の可能性は十分に高い、政治的不安を煽る状況は長引く可能性があり、市場は行ったり来たりを繰り返していくものだと考えられます。



マイクロソフトは200ドル超、アップルは360ドル超と情報技術のナスダック市場だけは、好調ながらも、他のセクターには手を出せない状況が続いており、6月の給与分からの投資資金注入はもう少し様子見しようかな、とも考えています。





購入した理由について


実は6月の配当総合計は日本株も合わせて、280ドル近い結果となりました。


そこで、ひとまず6月内は配当による再投資だけ処理しておこうと、以下2銘柄を購入。



1つ目は、VTIです。

vti-purchase-1


無難ですね。

しかし、下げ相場で買っても安心感があります。


VTIは記事にはしていないものの、やはり優秀なETFであり、現在の構成であるGAFAMを筆頭に、ジョンソンエンドジョンソン、VISA、P&Gといったディフェンシブ銘柄ながらも0.03%という驚異的な経費率の低さを誇ります。


加えてメジャーETFであるゆえの出来高の多さ、そして株価の上昇の強さなど多くの理由があります。


月の平均配当額がちょうど150ドルを超えだしてきたので、今後は自動的にこのETFをタダで積み上げて行こう、と考えています。



さて、もう1株ですが、またチャレンジ銘柄にしてみました。


WING そう、ウイングストップです。

wing-purchase-1



え・・・ナニソレ・・・っていう方も多いでしょう。

いや、寧ろそうであってほしい。

だからと言って、奇を衒ったわけでもありません。


普通に考えれば、VTIを2株買ったほうが確実です、誰だって判ります。


しかし、「良い投資とは退屈な投資である」、それって私には楽しくないわけです。

ETFによってしっかりディフェンシブ力を高めながらも、個別グロース株は積極的に狙っていきたい、というだけですね。


その割には、多方面にチャレンジばっかりしすぎてる気もするので、しっかりリバランスしなおさないといけないわけですが・・・。


もちろん、この手法が結局のところ、効率が悪いということも重々承知。


ただ、やっぱりこの比較を見て、手を出さずにいられなかったんです。


wing-vs-sp500


見てください、この上振れっぷり。



ただ、正直参入するには、出遅れています・・・。


本来、買うなら120ドル台をマークした時点で買うべきでした。


じゃなぜ、買わなかったか・・・というと最終選考でラム・ウェストンを買ってしまったからでした。





マクドナルドへのポテトの供給は増加すると見込んで踏み切りましたが、そのマクドナルドがまさかの不調となり、完全に裏目に出た印象ですね。


更に悪手だったのは、その後にすぐに買い直せばよかったものの、ひたすら傍観してしまいました。


結果、この短期間に2回も判断を誤ってしまいました、、、悔しいなぁ。


orz


それで、今回は高値と分かっていても1株だけですが、リベンジを期待して購入しました。





まとめ


別記事にも纏めていこうかと思っていますが、今後は積極的にETFをポートフォリオに組み入れて行く予定です。


上述の通り、月額配当でVTIをタダで買い付けることが出来るようになり、ようやく転がす雪だるまの一部が出来上がったような気がしています。


water-images-0
コップから零れる水だけを飲む・・・これが再投資の極意。


つまり、1つのステージをクリアしたのかな、という風に捉えており、今後の資産の最適化を目指すために、個別銘柄を厳正に足切りしていく予定でもあります。


上記の基準についても、近日中に纏めていきたいと思います。



ちなみに、皆さんは大統領選挙の結果って想定されていたりしますか?

ちなみに私は、トランプ氏が大統領でなくなったら、米国株の殆どを手仕舞いする覚悟です。



それでは、また!


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

ぜひポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア






【WING】せめて、この時に買っておけばなぁ・・・悔やまれる・・・。




【LW】2択で間違えたほう。これはこれで悪くないと信じてるんですが、今じゃなかった。




ぜひ、こちらも併せてどうぞ。