皆さん、こんにちわ。


先に報じた通り、購入した銘柄の1つはウイングストップ。


そして、もう1つ購入した銘柄はこちらでした。






OKEの購入金額


というわけで3.4万円分、ワンオークを11株購入してみました。

oke-buy-11



懲りずにまた、ワンオークでした。



ちまちまと、買い増し続けていましたが、今回やや本気目で買い増し本数でした。

これで、ワンオークは32株目。


流石に、どう考えてもリスク取りすぎだろ、という気がしてきました。



しかも、先日高配当銘柄であるドミニオン・エナジーで痛い目を見たばかり。



ドミニオン・エナジーを売却したもの、減配が確定したことが理由でした。


果たして、本当にワンオークは持ちこたえることが出来るのか、


念のため、チャートを振り返ってみます。

oke-chart


(´;ω;`)ブワッ


もう死にそうwwwww


しかもやっていることは、無限ナンピンと悪手に次ぐ悪手。



ただ、このチャートの波形はエクソンモービルも全く一緒です。

xom-chart


エクソンモービルの方が先行銘柄である分、コロナショックにおける下落開始が幾分早かった感がりますが、その後の2社間の株価にほぼ変化はありません。


つまりは原油価格次第なわけですが、WTI原油先物の数値も大きく回復する見通しは低いとみて良いでしょう。


さらに石油関連銘柄の株価低迷は、2020年下半期も続く可能性は高いと言えそうです。



ではなぜまた買ってしまったのか、というと


前回貰った配当は、3株で2.03ドルだったんです。



素敵やん。


そう、見事に絆されてしまったのです。


30ドル以下という株価で買える、魅惑の高配当に。



勝算は決して高いとは言えないものの、許容できる範囲のリスクを目いっぱい注ぎ込んだ銘柄と言えます。



まぁ、他人には絶対お勧めはできないんですけどね。



まとめ


包み隠さずにご報告いたしますと、現在の含み損益は-285.44ドルでした。


1株当たり8ドルの損とまぁ、ぼちぼちといった金額ですね。


加えて32の株数の配当予想は、21.5ドル、つまり13回の配当でペイできる見通し。


株価が停滞し続けて、減配が実施されなければ最低でも3年以上は保有する必要があるため、長期戦は覚悟の上。


元より米国内のコロナショックの2番底の恐怖で、市場が暴落しなければ50ドル目前まで回復が見えていたことも事実。


今となっては、セクター内に埋もれてしまいましたが、個人的には復活できる見通しを立てて投資しているつもりです。


減配が実施されれば、すべて手仕舞いとなるギリギリの銘柄だと思っていますが、このまま信じてホールドを貫いてみたいと考えています。


でも、きっとこれ以上は買わないよ、きっとね。



それでは、また!



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

ぜひポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア