こんにちわ。


前の記事の通り、ウイングストップが2期連続で良決算を発表し、当日の終値は+22.28ドル増(16.72%)と爆謄しました。


保有銘柄で1日でここまで高騰した株は、ありませんでしたので、正直若干驚いています。


ちなみに買い気配の強い、【EQIX】エクイニクスですら+17.47でした。








決算発表直後のアクション

ウイングストップの決算内容を確認した直後、こんな出来すぎな数字が本当だったら株価やばいことになるだろ、と疑心暗鬼でした。


開始直後には+3~5ドルの値を付け、ブログ記事に編集している間に+10ドルの値を付けていたので、思わずブログの執筆を中断することとしました。


そこで考えたのは、すぐに停滞銘柄を売却して、ウイングストップを買い増すという判断でした。


先日の決算も不調で、程よく燻っていたマクドナルド株をすぐさま成行で売却しました。


1株196ドル程度で、2株売却し約400ドルほどの資金に変えて、すぐさまウイングストップを成行で注文を実施。


buy-wing-2


結果、146ドルで当日中に2株買い増し約定しました。


手数料を差し置いても、9ドル X 2株 = 18ドルほどの当日収支。



マクドナルドは昨年に高掴みした後にスキャンダルで下落、コロナ入りと、保有して以来全く活躍してくれませんでした。

過去の収支で言えばマクドナルド株の受領配当を含めても、25ドルくらいのマイナスです。


さらに、ドライブスルーなどは堅調であったものの今回の決算も思わしくなく、上り調子であった株価も急ブレーキがかかり始めていたため、損切りの実施を兼ねて乗り換えを実施しました。







まとめ

当日の市場が、ダウ+160、ナスダック+140と上々の相場だったこともあり、


wing-chart


これで、ウイングストップの保有数は13、含み益はたった一日で178.62ドルまでになりました。


つい先日まで、40ドル近く含み損だったんですけどね・・・。


本日以降の状況もあるので何とも言えませんし、当日中の焦り注文は、あまり推奨される行為ではないと思いますが、個人的には乗り換えて置いて正解だったかな、と思います。



ウイングストップにはこのまま期待するものの、この後はやや調整するかなと思いますので、これ以上の買い増しはいったんストップしてさらに様子見することとします。


本日にもまたアップル、アルファベット、Amazon、といったIT巨人や、P&G、ギリアド、イーライリリー、UPS、コムキャスト、と他業種も多く決算が発表されるので、こちらの情報にも要注意しつつ場に臨めればなと思います。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
ポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア




スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット