こんにちわ。


マイクロソフトが2021年のQ1の決算発表をしました。


それでは、早速中身を見ていきましょう。







2021年1Qの決算内容

2021]年第1四半期の、マイクロソフトの発表は、ざっと以下の通りでした。

  • 純売上高は37億1540万ドル
    (2019年の33億550万ドルから比較して12.40%増)


  • 純利益13億8930万ドル
    (2019年10億6780万ドルから比較して30.01%増)


  • 2020年の第1四半期の調整後1株当たり利益(EPS)は1.82ドル
    (2019年の1.38から比較して31.88%増)


  • 営業利益は15億8760万ドルで
    (2019年の12億6860万ドルから比較して25.14%増)

すべての結果で2桁増となっており、非常に良い結果となりました。


売上は2期連続で、昨年対比2桁増をキープできており、依然として力強さを感じさせる内容だったかと思います。


決算内容をグラフにすると、下記の通りとなりました。


msft-q1

前回の決算では、純利益、EPSが昨対比マイナスとなり、従来までの株価の動きも一時ストップとなるような内容でしたので、不安視される向きもありましたが、しっかり巻き返しを果たしてくれる結果となりましたね。


相変わらず、純利益、営業利益の比率は美しく安定した収益と見て取れるかと思います。




前回からの推移について

【MSFT】マイクロソフト
msft-chart


当日の結果として、当日の取引は+3.00ドル(1.51%)となりました。


前回のやや減益となった決算でも、同程度の反応だったため、予想以上に反発しなかった、という印象です。


終値的にも、213ドルで打ち止めとなり、前Qでの発表直後が211ドルでしたので、実質この3か月はほぼ推移してないことになります。


相場全体しても、ナスダックは+72.41(0.64%)、S&P500は-10.29(0.3%)とやや重たい内容だったように見受けられます。


先週末から続く、厳しい売りが続いている状況のため、好決算だったとはいえ素直に資金を投入するのは危険な状態であることから、伸び悩みしたのかな、と推察。



では、セグメントを確認していきます。



主力であるAzure収益は驚異の48%増。


前Qでも47%の増加でしたので、同社のクラウドの勢いは衰えていないと考えてよいでしょう。


同じく同社のCRM、またはERPクラウドソリューションであるDynamics 365も38%増と非常に良好な結果となっており、同社アプリとの親和性の高いサーフェイスも37%増と需要が高まっています。


コロナの影響により自宅勤務の機会が増えたため、ノートPC需要が高まったこともあり、Microsoft 365だけで業務が完結する企業にとっては、導入しやすいプラットフォームであるハードウェアだと言えるでしょう。


リリース当初は、割高に感じるPCでしたが、徐々にバグも出きっており、こなれた価格帯に落ち着きつつあるように思います。


国内企業でもレッツノート、富士通のPCに縛っていた大手企業の導入も目立ってきた印象がありますね。


最後にXbox、30%の増加。


こちらも素晴らしいですね、Xbox Game Passの囲い込みは非常に戦略的だと思いますし、PC版でもストアと通じてアカウント連携できるため、今後も期待できる内容かと思っています。


11月には実機も発売されますし、ゲーム業界はまだまだ大きい利益を生み出す産業へと発展すると考えています。


とはいえ直近では、フェイスブックもゲーム参入を発表しましたし、ユーザの動向は中国のテンセントをはじめ主力はバトルロワイヤル&大会&実況となりつつあり、その手の方面には消極的といったところもあるため、油断はできない状況とも言えます。


ゲーム会社を買収したという噂の真相は、Xboxリリース後あたりですかね・・・個人的にも期待しているのですが。





まとめ


今回もコンセンサスEPSである1.54を大幅に上回る、好スタートを切れました。


これで5期連続で、予測を大幅に上回る形となりました。


前Qにて、一度成長に陰りが見えたような形で株価も230ドルで高止まりして凪の形が続いていますが、決算自体は素晴らしい内容ですのでホールド確定で問題ありません。


Q1内での配当及び自社株買いは、95億ドルを還元しており、依然としてホルダーにはうれしい内容となっています。


明日、明後日のGAFA決算本番を控え、まだ全体的相場が重たく、下手に突っ込むと持っていかれる可能性は非常に高そうです。


とはいえ、まずはマイクロソフトは十分すぎる結果を残してくれたことに感謝です。


引き続き、注視して臨む様に気を付けたいものですね。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
ポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア