皆さん、こんにちわ。


昨日(11/10)は、開始直後の相場と打って変わりグロース株が一気に失速する形となりました。


とはいえ、今回は今まで通りの調整とはちょっと訳が異なるようですので、要注意です。






またも調整で焼かれるグロース銘柄たち

昨日(11/10)の相場で、大きくセクターローテーションが起こりつつあります。


sp500-map


昨日の相場に至っては債券の下落と、コロナ対策ワクチンが開発された経緯で、長期金利が急騰したため、と見られています。


ファイザー、ビオンテックを筆頭にヘルスケア、VISAに至っては1日の推移として年度最高の+14.21(7.16%)などの金融セクターは大幅高となりました。


イーライ・リリーは、FDAによる緊急使用許可が出たにもかかわらず終値としては-0.41(0.29%)と、振るわず、と何とも読めない結果に終わりました。


ファイザー社によるワクチンの効果は9割と、非常に高い効果を示しており、着実にコロナが収束に向かいつつあるということでしょう。


そのため、クラウド、SaaS系の在宅系サービスを主力とするグロース株は、またもや大きく売られる結果となりました。


Zoomに至っては、-86.87(17.37%)の下落。

zm-chart


ファイバーは、-34.93(18.48%)の下落。

fvrr-chart


ファイブ9は-23.70(14.37%)の下落となりました。

fivn-chart



今まで、外出が難しく多くの企業が在宅勤務を選択する中、1強となりつつあったSaaS系は、これを機に一気に売りに進む可能性が強まるでしょう。


全体的に割高となりつつあったセクターだけに、ここから生き残れるのは、本当に実力のある企業だけという形になり、コロナが完全に終息した日常でも変わらず使い続けられる企業を選択する必要があります。


正直なところ、現時点でどれが生き残れるのか、の判断は難しいと考えています。

戦略的撤退します

VIX指数は25.75と決して高い数字ではないものの、まだまだ何が起こるかわからない米国市場において、ハイテクに無暗に突っ込むターンは、もう終わりとみるべき。


潮目が変わった場合、私のような素人では読み切れませんし、割高であるにもかかわらず強気で買いに臨んだ銘柄をホールドするにもリスクが高いと言えます。


というわけで、以下の様に対策を取ります。


自身のある銘柄のみホールドを入れつつも、しっかりと逆指値で含み損を回避する。


影響を受けにくい銘柄、もしくは昨日のような下げ相場でもモメンタムをキープし、上がり続けている銘柄に持ち替え、もしくは現金化してノーポジ。


これにて、とりあえずハイテク業界の大暴落の嵐が過ぎるのをじっくり待ちつつ、状況を判断していこうと考えています。


で、持ち替える銘柄を以下に絞ってみました。


【NIO】ニオ
buy-nio-1


先日、ご紹介した通り、NIOを新たに買い増ししてくこととします。


さらに先日、購入したタペストリーを売却、こちらもNIOに持ち替えました。


sell-tpr-3


正直なところ、タペストリーも非常に良いと思っていますし、今後も伸びる可能性は高いです。


ただ、パフォーマンスとしてはNIOの方がより有望かと考えて持ち替えを決意。


購入して僅か1週間程度でしたが、3株で12ドルほどの小銭を稼いでくれました。


なんだかんだで、急速にNIOを買い増し続けており、気づけば18株にまで増加し、現時点での含み益は130ドルほどになりました。


今のところ順調、といったところですが、万が一に備えて逆指値は40ドルで、設定しています。


もう1つ、狙っている銘柄はこちら。


【EL】エスティ・ローダー
el-chart


こちらも中国需要が強い企業なだけに、この相場でも勢いが衰えていません。


久しくウォッチしていますが、長期的な視点でもPF入りして良い内容かと思っています。






まとめ


これで、保有しているグロース銘柄の所感とイメージは、このようになりました。


ホールド継続

SQ 好決算でブレイクしすぎたため、もう1回ほど下げがあると見て様子見。
STNE SQが下がる中でも新高値63ドルを更新、NIOと同様に新高値更新毎に買い増しを継続。
FIVN 今後も回復が望めない場合は140ドルアンダーで撤退。
PINS 人気が落ち着き、63ドル辺りで安定し始めるまで、まで静観。まだ時間はかかると思う。



脱落

SAIL 他銘柄より頭1つ、動きが悪く離脱。
FVRR ボラリティ銘柄過ぎるため、離脱。おそらく再ジョインの可能性低い。
CRWD 毎回タイミングが噛み合わず離脱。様子見中。



意図せず、2日続けてニオの記事となりましたが、それだけ個人的に期待している現れだと思ってください。



今回の相場で1つだけよかったとこと言えば、石油、エネルギーが暫定的にでも回復したことですね。


【XOM】エクソン・モービル +4.15(12.66%)
xom-chart



【OKE】ワンオーケー +4.46(16.59%)
oke-chart


エネルギー関係がうまく回復してくれると、公共交通関連の回復が期待できると思います。


国内においてもJR東日本、日本航空、ANAなどが昨日を機に一気に反転しています。


当然この流れは自動車産業にも恩恵を受けると考えられ、中でも最も期待しているNIOは、決算を11/17に控え順調に推移しています。


それなりにリスクは高いものの、1点集中する価値のある銘柄かを、しっかりと見極めていきたいと思います。



ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします。ぺこり。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア