こんにちわ。


毎月恒例、SBIでiDeCoの運用を開始して3年と1か月となりました。


現在の状況を、振り返りの意味も含めて掲載しておきます。







iDeCo2020年11月度

2020年11月で37回目における、積み立て資産結果は下記の通りでした。


資産残高¥923,650
拠出金累計¥851,000
損益¥72,650


運用成績の結果、7.86%となり前月比で2.4%プラスとなりました。


これでようやく、コロナ以前の利益を取り戻すことが出来、過去最高利益を更新しました。


運用益5%を超えるのに、実に3年かかりました。


いやぁ、長かった・・・。


ちなみに、過去の推移をグラフにするとこんな感じでした。

id-2011-gra



見ての通りですが殆どが入金砲であることは、変わりありません。


このまま5%以上の利益確保をキープしつつ、10%を目指していければいいなと思います。。





運用商品内訳

全体的な内訳としては、下記の通りとなりました。


id-2011-perf

10月~11月にかけて、最もパフォーマンスが高かった保有資産は、三井DC積み立て日本株でした。


アベノミクスからスガノミクスへの交代となり、株価が危ぶまれていましたが、日経平均は29年ぶりの25,000円超えを記録し、何とも絶好調な国内相場だったこともあり、先月までの利益を2倍以上に拡大して活躍してくれました。


これは、嬉しい誤算でややパフォーマンスが落ちていたセゾン投信も今月に入って大きく息を吹き返しており、三井住友TAM-DC外国株インデックスと同程度にまで盛り返しています。


NYダウ、ニッセイDCはいずれも前月同様、安定して+7000円近くのプラスを刻んでくれているのがありがたいですね。


さて、先々月より購入し始めたSBI EXE-iですが、こちらも好調に動いてくれています。


まだ2口しか購入出来ていないものの、損益は+1662円のプラスとなっており、申し分ない結果と見ています。



invest-images-0




まとめ


コロナもようやくワクチンが開発され、自身でも最高値でもありコロナ直前の20年2月度利益を更新できた、ということは確実に市場は回復しつつあるとみて良いと考えています。


直撃した3月には、たった1月の間で14万5000円ほどもマイナスに陥ったときには、さすがに笑うしかなかったですが、1年間でここまでプラスに押し上げることが出来る米国株もすごいなと思いますね。



なんとか3年間継続して、iDeCoの投資資金もまもなく100万円を超えようとしています。


毎月給与から天引きされているので、まったく気にならなくなりましたが、良く溜まったものだなぁと感心する一方で、パフォーマンスの数字で見る限り個別銘柄投資よりも、成績が良いという悲しい現実もあります。



本当は毎月の投資資金も個別銘柄のウェイトを下げて、ETFや投資信託に入れておくべきなんでしょうねぇ。



とはいえ、ひとまず安定運用で来ていますし、安心できる内容でした。



皆さんの参考になれば、幸いです。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

ぜひポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア