こんにちわ。


ついに12月も3週目、28日が最終出社と想定すると、残すところ2週間しか仕事しなくて良いんです。


というわけで仕事も程々に、今月も月一コマンドのお時間がやって参りました。


VTI大好き芸人の出動です。







配当による再投資


先日、ご報告した通り12月2週目までの配当は下記の通りでした。





というわけでその額、97.93ドル。


残る配当予定は、3M、ネクステラ・エナジー、ホームデポ、エヌビディアの4つですが、ここで深刻な問題となってしまいました。


そう残配当を合計したとしても160ドル、つまり足りないんですよ、VTIの株価に再投資するドルが。


vti-chart


現時点の株価は、190ドル。


アレッ! いつの間に!?って思いますよね。


だって、過去の記事を読み直してみると、



9月26日 2株購入165.71ドル

10月18日 1株購入177.55ドル

11月19日 1株購入185.14ドル

12月15日 1株購入190.18ドル


うーん、、、順調すぎますね。


もちろん、他のETFも例にもれず順調でしたので、少なくとも過去3か月の間に驚異的なスピードで上昇していることは間違いないかと思います。


しかし、各月の株価上昇率は実は少しずつ減少傾向にあります。


9月⇒10月(7.14%増)、10月⇒11月(4.27%増)、11月⇒12月(2.72%増)


見ての通り、半減していますよね。


となると、そろそろここいらが調整時か、などと勘ぐってしまい、動くのやめようかな、なーんて考えていました。


市場の状況として先週末は2日連続でナスダック、S&P500が下げの相場でしたが、下落幅は比較的軽度だったように思います。


まさに強い反発が期待できそうなタイミングに、何とナスダック100の入れ替え銘柄の発表が到来。


ペロトン、アトラシアン、オクタといった当ブログでも分析していた銘柄が組み入れとなっており、今週から一気に強い上げ相場になるんじゃないかと期待・・・。



というわけで、爆上げになる前に買っておかなくては!と焦って出動することにしました。


しかし、


先にお伝えした通り、今月の配当ではついに賄いきれなくなってしまったため、手出しで100ドルを追加購入し、VTIをいつもの通り1株購入することとしました。



buy-vti-1


くぅ・・・!


無念、こんなにも早く配当の成長が途絶えてしまうなんて・・・って、そりゃそうですよね。



最近、もっぱら低位グロース銘柄に入れ込んでおり、配当ポートフォリオを蔑ろにしてきた結果に他なりません。


とはいっても、愚直に配当銘柄を買い増していたとしても、おそらく直近のETFの株価の上昇ほどに挙げていくことは到底不可能だったでしょう。


それほど、ここ最近の株価の推移は早すぎるようにも感じますね。


とにかく昨年度のように年明け早々に、真っ暗な展開にならないようにだけ祈っておきたいものですね。




まとめ

という訳で、定型月イチコマンド、配当金でVTIを買う!は、今月も無事終了となります。


これでVTIは、14株となりました。


前回の10月時点では、10株保有で5.34ドルの配当でしたので、次回1月には7ドルくらいを受領できそうですね。


VTIの配当だけで、VTIが買えるように・・・・。



そんな未来に向けて、来月以降も引き続き、VTI大好き芸人として愚直に買い増しコマンドを続けていければと思います。



ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします。ぺこり。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア