こんにちわ。


毎月恒例、SBIでiDeCoの運用を開始して3年と4か月となりました。


2021年2回目のiDeCoチェックとなりましたが、振り返りの意味も含めて掲載しておきます。







iDeCo2021年2月度

2020年2月で40回目における、積み立て資産結果は下記の通りでした。


資産残高¥1,085,940
拠出金累計¥920,000
損益¥165,940


前回1月時点の運用益12.02%から18.03%まで上昇となり、大幅に運用益を更新しました。



損益としては先月の損益119,470円から、約45,000円ほど上昇し、


ついに資産残高は100万円を突破しました!




いやー、長かった。


でも、いざ始めてみると3年とちょっとで、100万円の資産って作れると考えると、


短いと考えるべきですよね。



だって、すでに解約した学資保険の18年積み立てで得られるあろう運用益を、


素人投資家があっさりと超えることができるんですからね。




もちろん、時期的にコロナからのリカバリーというタイミングなので、


現在のパフォーマンスが維持できる確証はありませんが、


少なくともiDeCoそのものが、資産運用における第一歩ともいえる堅実な投資であることには


変わりないかと感じています。




昨年度以降の運用状況をグラフにすると、下記の通りとなりました。

ideco-in


ようやくですが、損益の乗り方が理想的なグラフになってきたかと思います。


やはり、それなりの運用益が得られるようになる最初の3年間は、ほぼ我慢の時期とも言えますね。



目標としていた2月内での資産100万円は、これにて無事達成できた、ということになります。







運用商品内訳


それでは、各内訳をみていきたいと思います。


ideco-2102-per


特に1月~2月にかけてパフォーマンスが高かったのは、言わずもがな


三井DCつみたて日本株でした。


まだ2月半ばの現時点においても+2101円とぶっちぎりの好成績となっています。



正直、なぜ日経平均が30,000円を超えているのか、まったく把握できていませんが・・・。



さて、今月うれしいニュースとして購入しているファンドの1つである


SBI-EXE-i先進国株式ファンドの信託報酬率が0.31%から0.302%へ引き下げとなるとのことでした。



だから、というわけではないのですが、


以前よりiDeCoにおける主力を同銘柄に替えようと思っていたこともあり、


40%⇒65%までウェイトを引き上げを実施しました。



今後のさらなるパフォーマンス向上に期待したいと思います。


invest-images-0




まとめ


実は、この度転職することになり、iDeCoを離脱するか非常に悩みました。


というのも転職先では企業型年金があったからです。



しかし、せっかく積み立てた3年分を無下にしたくないという想いもあり、


企業型年金の運用パフォーマンスをイマイチ信用できないこともあったため、


個人型を継続することにしました。



しかし、よくよく考えてみると、このまま23,000円を継続するべきかという点にも


考え悩むことになりました。



というのも、本気でリタイアを目指しているのであれば、毎月の23,000円は足枷になりかねないからです。


しかも60歳までは引き落としもできないわけですし、


改めて自分が本当に60歳までサラリーマンとして働き続けたいか、を自問した結果はNOでした。


(もちろん、やりたい仕事は続けるとして)



しかし、それを実現するためには、伴った実力と結果を示す必要があるわけで、


今すぐにリタイアをするわけでもないし、


継続している間の税金対策としては非常に有用である観点から、同額を継続することにしました。



しかし、次の転職?を考えるときにはもう、継続する可能性は限りなく低いと思います。



つまりはあと5年~10年以内の投資成績に、アーリーリタイアの可能性が


全てかかっていることを改めて認識しました。



サラリーマン時代の最終目標金額をどこに置くかは、家族とも相談が必要ですが


やっぱり投資一本に専業し、アーリーリタイアを実現したいという想いを実現できるよう、


引き続きiDeCo以外でも結果が出せるよう精進したいと思います。





皆さんの参考になれば、幸いです。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


ぜひポチリお願いします。ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア










アンケートモニター登録

ついに累計ポイントは6,000円を超えたよ。