こんにちわ。



タイトルの通り、半年近くかけてゆっくりと買い増してきた【STNE】を売却しましたので、ご報告記事となります。









【STNE】ストーンを売却


というわけで、昨年に買い増していたストーンですが、売却となりました。


理由は単純で、先日の決算にてEPSがミート(予測値通り)だったからですね。

stne-eps



そう、これではグロース株のモメンタムは維持できません。


加えて今の相場は、金利上昇の真っ只中でグロースはあっという間に焼き尽くされる環境で、


含み益がチリとなる可能性が非常に高いため、利益があるうちに売却の意思を固めました。


stne-chart

決算後の株価の推移も冴えない状況が続いていますね。


と言っても、全売却ではなく約7割ほど売却し、一部だけ保有して今後も様子をうかがってみるつもりではいます。


stne-sell



しかし、個人的には以前のように最高株価90ドル付近に戻すのはかなりの時間が必要と考えています。


先に述べた通り金利の上昇があるため、【WFC】ウェルズ・ファーゴなどの従来の銀行業が非常に安定した株価の伸びを見せており、【PYPL】ペイパルなども苦しい状況が続いています。



つい先日、大量の資金をフィンテック同業他社である【SQ】スクウェアに投入したばかりですが、同社との扱いは全く別物です。





【SQ】スクウェアに関しては、給付金を受け取ったホワイトカラー層がビットコインを買いに動くことを予想していますし、


スクウェアは銀行業も開始していくことを発表するなど、この辺りが主な購入の動機となっています。






加えてグロース株においては、40%ルールの原則から鑑みても、今後の爆発的な成長を巻き戻していくには苦しい展開が続くことを予想。



保有して約半年ほどでしたが、30%近くの利益を取れているので結果的には満足しています。




【PINS】ピンタレストを購入


さて、その余剰資金で何を買ったかというと、ピンタレストです。


pins-chart


70ドルを下回ったタイミングで、買い増しに動きました。



忙しさにかまけてレポート出来ておりませんでしたが、先日の決算も非常に良好な結果でしたね。

pins-eps


これで、3期連続ポンポンポンと予測値をビートしました。


一度は90ドルにもタッチしかけていた銘柄ですし、今後の回復も十分期待できます。


また個人的に同社のアプリ、すごく気に入っていますし、プライベートで利用しています。


個人的に同社のアプリの良いポイントをまとめると、こんな感じです。


  • 趣味のカテゴリが充実している
  • 今後の企業HPに打ってつけのスペースになる
  • バッググラウンドのAIが非常に優秀
  • 煩わしい広告が無い
  • 本や、雑誌に取って代わる新しい媒体となる可能性


(ここでいろいろ言う前に企業分析記事を書きたいんですけど、なかなか時間が無くて・・・)


私の場合、家のリフォーム(在宅勤務を想定して個人部屋や書斎)の良いイメージを収集したり、


ファッションでも欲しいアイテム、ブランドの着こなしを探してみたり、


子供と一緒にLEGOの新しい創作アイデアを探したり、マネして作ってみたりと、


とにかく趣味の素材集めに打ってつけのアプリです。



ゆくゆくは、企業用スペース、プロモ等が拡大されていくことで同社のマネタイズは


劇的に変化していくことでしょうし、新しいメディア媒体の1つとなる可能性を考慮して、


今後も少しずつ買い増して行きたいと考えている銘柄です。


1日の値動きもさほど激しさもなく、長期に向いている銘柄だと思います。





まとめ


というわけで、今回もあまり時間が取れないため、端的な売買報告のみですが、報告は以上となります。



半導体銘柄がようやく重い腰を上げて回復の兆しを見せ始めているため、買いに動いても良いタイミングかなと感じてはいるものの、




10



1.6%の金利で拮抗を続けていた、米国10年債利回りは一気に1.7%超えに・・・!



まだまだナスダックの戻りも今一つですし、オールドエコノミー中心のダウ銘柄をコツコツと


買い増しておいたほうがまだ、無難のこの局面を乗り切れそうですね。




皆さんの参考になれば、幸いです。




ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします。ぺこり。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア