こんにちわ。


先日新規購入銘柄として、シャーウィン・ウィリアムズを購入してみましたが、久しぶりに買い出し直後にマイナスにならず、なかなか幸先の良いスタートを切ることができました。


何の根拠もないのですが、個人的にこの購入した直後の株価値動きって今後の長期保有できるか否かの判断に与える影響が大きいような気がしています。


買った直後に爆謄するのは、ストーリーが出来すぎていて逆に怖い気もしますが、じわじわと騰がってくれるとついつい買い増ししてみたくなりますよね。


珍しく順調な滑り出しだった、ということもあり残りの資金を投じてさらに買い増しを行うことにしました。


ついでに、シャーウィン・ウィリアムズを購入するにあたって資金捻出のため、今回いくつか売却した銘柄もあるので併せてご報告したいと思いますので、お楽しみ頂ければと思います。







【SHW】シャーウィン・ウィリアムズを買い増し


まずシャーウィン・ウィリアムズってどんな企業?っていう方も多いでしょうけど、簡単に言うとペンキ、コーティング剤、など塗料の世界トップシェアを持つ企業です。(2度目)


キチンとした企業分析の記事は書いておりませんが、ざっくりとした内容はこちら。




前回購入したのが(株価分割後の)最高値を更新した250ドル超で購入したので、インのタイミングとしてはホームデポを買い増したタイミングと等しく、上出来だったかなと思います。


shw-buy


工業株、素材のセクターは今が追い風となっていますので、全般的に株価上昇傾向にあるということもあり、今は比較的参入しやすい時期だと思います。


不動産銘柄も上昇傾向にあり、ホームデポ、ロウズなどのホムセン、DIY関連がほかの小売業者と比較して先行して株価が動いていることを考えると、住宅着工件数の数字も快方に向かっていると考えられます。


そして同社の決算は4/27に控えており、決算内容を織り込んだ株価上昇を見込んで、先回りして買いに動くことにしました。



【SHW】シャーウィン・ウィリアムズ
buy-shw-2


買いを2回に分けたのは、2021年度分のNISA枠での購入枠を使い切ってしまったからですねw


年末のボーナスを突っ込んだとはいえ、わずか4か月の間で120万円以上も追加したのか、と思うと入れ込みすぎなような気もしますが・・・。


buy-shw-1



さらに別日に4株購入。こちらはスクショを取り忘れましたので結果のみですが、271ドルの指値で購入。


buy-shw-4




同様の理由で、リオープニングを期待してこちらを新規購入しました。


【SBUX】スターバックス
buy-sbux-1


80~90ドルの頃からウォッチし続けており、自分の中では出遅れ購入に他なりませんが、やっぱりスターバックスの強さは頭1つ抜けているような気がしています。


配当銘柄の充足を考えると、【YUM】YUMブランズなども非常に有力な候補でしたが、長期保有で勝つ安定した株価の上昇を考慮して、スターバックスに1票を投じてみることにしました。



そして、今回これらの購入にあたり売却した銘柄はこちらです。

sell-all


ざっくり言えば、モビリティ銘柄を手放しました。




【EH】イーハンはもう言うまでもなく・・・ってことで、リコールシステムズは一部を利確しました。


ただし、まだ株価の動きは強いので、再度インする可能性は十分高いと思います。

【REKR】リコールシステムズ
rekr-chart



【ROOT】ルートも時間を掛ければ、、、と思いますが少なくとも今保有する必要性はないのですべて損切り。


【LYFT】リフトは積極的に売却する必要もないですが、予想を上回る内容ではなかったため持ち株の半数ほどを利確しました。



以上、ここまでは売買のご報告となります。





まとめ


モビリティ銘柄がイマイチだったから、という訳ではありません。


むしろ最近のモビリティ銘柄に対する期待が先行・飽和しているような気がしており、誰が勝者か分かりづらくなっているのでいったん降りることにしました。


もう二度とQCLNのようなクリーンエネルギーETFの、異常な株価と熱気からの下落を味わいたくないからですねw



また2月~3月の下落相場が異常にツラかったせいもあってか、多くの投資家がオールドエコノミーへの回帰しているのは、相場に対する恐怖を抱いてしまっているからだと思います。


来週からはテスラ+GAFAMの決算が始まりますし、これらの銘柄への買い戻りはやはり大型銘柄への安全資産を求める動きなのかな、と感じています。


こういった理由もあり細かく分散して投資、試しバラしていた銘柄をいったん整理の意味も込めて売却して、私自身もシャーウィン・ウィリアムズのように固く大型企業への資産へ持ち替えることにしました。


また別の視点となりますが、このところ暗号通貨とくにビットコインが700万円の高値から、一気に530万円近くまで下落した後で、4/23の相場はグリーンだったことから資金が米国市場に戻りつつあるのかな、という印象です。


sp500-map



来週から日本ではゴールデンウィークに突入しますが、いよいよ本格決算週となりますね。


つまり、来週1週間~5月の上旬にかけての相場は大きく様変わりしていくことが予想されます。


資産の入れ替えをご検討される方は、この週末までにゲームプランを立ててみてはいかがでしょうか。



皆さんの参考になれば、幸いです。



ぜひこちらのボタン(↓)をポチリお願いします。ぺこり。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



Betmob|投資家ブログまとめメディア