こんにちわ。


いつも当ブログに来て頂き、誠にありがとうございます。


5月の決算ラッシュも峠を越えて、まだまだ半導体セクターの不安定な市場が続くこの頃で、半導体のレバレッジETFのSOXLの株価も伸び悩みを続けており、手を出しづらい時期となっています。


唯一、爆上げ決算を発表したエヌビディアだけが勝ち組に突入してはいるものの、まだ同セクターの軟調は続く気配が続きそうですね。





さて、そんな中、新たな同セクターの牽引役を期待できそうな、ブロードコムが2021年の2Qの決算発表をしました。


同社も2021年3月からヨコヨコの状況が続いており、440~480ドルという比較的ボラティリティの高いレンジで推移していますが、下落時の回復は非常に安定した下支えのある展開となっています。


エヌビディアに続き、今度こそ株価500ドルを超える内容の決算となったのか、早速中身を見ていきたいと思います。








2021年2Qの決算内容


2021年第2四半期の、ブロードコムの発表は、ざっと以下の通りでした。


  • 純売上高は66億1000万ドル
    (2020年の57億4200万ドルから比較して15.11%増)


  • 純利益14億9300万ドル
    (2020年5億6300万ドルから比較して165.18%増)


  • 調整後1株当たり利益(EPS)は3.30ドル
    (2020年の1.17から比較して182.05%増)


  • 営業利益は19億7500万ドルで
    (2020年の7億6600万ドルから比較して157.83%増)


前期比と比較するとやや成長率が鈍化した数字のように見えますが、前年比では文句ない内容かと思います。


今回の決算をグラフにすると、下記の通りとなりました。


avgo-2q



前1Qと同様に、昨年度と比較しても利益率が大きく改善されていますね。


同社のビジネスはB to Cではないため、エヌビディアのような売上爆上げ決算とはなりませんが、特に2020年4Q以降の高収益化の数値は顕著に表れているかと思いますし、良決算と言える内容だったかと思います。






前回からの推移について

【AVGO】ブロードコム
avgo-chart


前回決算時は、ちょうど480ドルの新高値を更新する前後のタイミングであり、半導体セクター全体がイケイケのシーズンでしたので、程よく株価も伸びた印象でした。


今回の6/4の市場は、ナスダック、SP500、ダウともに大きく売り込まれる1日となり、同銘柄も-8.93(1.89%)とやや強めに売り込まれた前日となりました。


久々に市場全体での調整日だったこともあり、引け後の決算発表から株価上昇には期待できそうですね。


大きく売り込まれているとはいえ、同社のチャートはまだ50日移動平均線を優に上回ったラインにおり、常に買い戻しの動きは堅調であることから480ドルを取り戻す動きになるきっかけとなればいいなと考えています。


なお、今回のセグメント結果は下記の通りとなりました。


avgo-sec


半導体事業がやや横ばいとなる中、少しずつソフトウェア部門が伸びています。


この内容だけ見ると、株価500ドルを超えるブレイクを期待するのはやや難しいかもしれませんね。


高配当銘柄でもある同社の気になるキャッシュフローは、下記の通り。


avgo-cash


そうです、フリーキャッシュは安泰なんですよね。


現時点の配当3.6ドルは難なく維持できそうですし、このまま順調にいけば年末の増配は問題なく実施できそうですね。



実は、隠れ大増配企業でもあるブロードコム。いや、隠れてないか。






まとめ


さて、今回のEPSは以下の通りでした。


avgo-eps


予測EPS6.42に対して、6.62で余裕のビートって、あれ??


いやいや、これ違いますよね、Yahoo Financeさん。


avgo-eps-r


きっとEPS5.14って、2020年2QのEPSですのでコピペミスですかね。


雑コラとなりますが、勝手に修正版を貼っておいて後日修正しますね。


続く3Qのガイダンスとしては、前年同期比16%増となる67億5000万ドル、EBITDAは予測売上の60%と引き続き順調な見通しであることが発表されています。


結果、引き続きホールドは確定で問題ない、という結論です。



ただし、半導体セクターの乱調はまだ続くと見ており同社の株価が個人的目標の500ドルを超えるのは恐らく夏以降になるんじゃないかな、と考えています。


そうなると、いずれは分割もあり得るんじゃないかな、という勝手なストーリーを考えてももう少しだけ買い増しておきたいな、という気になりますが今この企業の株を買い増して行くか、分割後のエヌビディアに手を出すかの判断は、非常に難しい選択となりそうです。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


記事が参考になった!という方は是非、ポチリお願いします。


ぺこり。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


Betmob|投資家ブログまとめメディア








併せて読みたい!


ブロードコムに関する過去の記事は、こちらからどうぞ。


【AVGO】企業紹介記事です。



直近の2Q決算内容です。



20年Q3の決算内容です。




半導体セクターの比較記事です。